2014年3月 5日 (水)

書く喜び

Sさんが ゆりは と書いて、「先生、わかんない」と言う。私、「なんて書きたいんだっけ」。Sさん、「雪ふりました」。
私、「そうだね。そう言いながら書いて」。
 
ゆきふりました とSさんがノートに書いた。
私、「わあ!できたね。(両手でSさんの頭をなでる、二人の頭を付け合いながら喜ぶ。)
私、「じゃあ、次、なんて書く?」
Sさん、「車が見えません」。
私、「ようし。書いてみよう」。
 
くるまかみえません、と言いながらSさんは書いた。
私、「できるじゃないか」。
Sさん、「先生、うれしい?」。
私、「うれしいよ」。(先ほどと同じように頭を付けて喜び合う)
私、「次はなんて書くの?」
Sさん、「おかあさんが雪を取りました。」
私、「さあ、書けるかな」。
 
Sさん、おあかうおりました と書く。
Sさん、「先生、いい?」。
私、「あれ、おあかうおりました、だね」。
Sさん、泣き出す。
私、「Sさん、泣かないで。また、やればいいよ」。
 
私は□を5つ書きながら、「おかあさんが、だね」と言い□□□を書いて、「ゆきを」と言い、□□□□□を書いて、「とりました、だろう」、「さあ、やってみて。」と励ました。
するとSさんは私の書いたマスには関係なく、
 
おかあさんふきとまし と書いた。
私、「おかあさん、は出来たよ。いいよ。次はゆっくり言いながら言ったことを書いて」。
 
Sさん、ゆきお とりました と書く。
私、「ほうら、やっぱり出来たよ。」「それでいいんだね。」
Sさんと私は握手をして喜び合った。
Sさんは車いすに乗る中学部の少女だった。ここに紹介した授業は人の宝である文字を用いて表現することの喜びをSさんと私が共有したある日のスケッチである。
 
何故に今更ここに紹介したかと言えば、今日の新聞に埼玉県の高校入学試験国語の問題で記述式に回答する設問があって、その採点基準に原稿用紙の正確な使用法が含まれていたからである。
Sさんのこの日の指導で私も文字を埋めるべき□を書き、そこに書くことを期待したのだが、Sさんにとってはそれはどうでもよいことであった。
 
Sさんの喜びを共有した私も同じ思いに浸っていた。所詮、原稿用紙の使い方などは人の決めた便宜的な約束事に過ぎないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

田中大臣の発言

文科大臣の田中眞紀子さんが人はそれぞれ違うんだ、違っていいし、それを認め合うことこそ大切だと盛んに発信している。生い立ちも、DNAも、顔かたちもそれぞれ人は違う。そのことを認め合って、他人の尊厳を知ると、自分の大切さも分かる、田中さんはそう言っているようだ。
私は文部行政の責任者がこうおっしゃることに関心を持つ。なぜなら、この発言内容が教育の現場で活かされれば今大きな問題になっている「いじめ」の解決につながると思うからである。そこでお願いなのだが、田中さんには教育現場を上意下達の管理主義から教師中心の場とし、教師が自由に田中さんの言うような子どもを育てる教育の研修を行える学校にしていただきたい。
子どもたちが自分の体に自信を持ち、友だちとの交わりに喜びを感じ、自然と豊かに触れ合うことを援助する教育、その実現こそが遠くて近い「いじめ対策」になるだろう。

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

手の感触

若い友が亡くなった。まだ35歳くらいではなかろうか。在職中、授業を通して豊かな交わりをした生徒である。
彼が亡くなったと聞いた時、私の脳裏にまず浮かんだのは彼との手の触れ合いであった。だいぶ以前の文章になるが、その冒頭に彼のことが書いてあるので以下に紹介する。

http://homepage3.nifty.com/bridge2/394.html

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

入学式、教師が気の毒

入学式の季節がやってきた。子供たちの新たな旅立ちの日。本来ならば教師も子供も胸を期待にふくらませて迎えるであろう、この日。
だが、教師への同情を禁じ得ない昨今であることを残念に思う。
大阪では式場で教師が管理者に見張られる事態が起きている。君が代を歌っているかどうか、唇の動きまでチェックされるのである。
もしも唇が動いてないと管理者に呼ばれ、事実確認をされ、処罰の対象になってしまうという。
この図式の構造は簡単である。式で君が代を歌うことが法律にあり、公務員である教師は法律に当然従うべきである。これに反したら処罰することを決めた市議会は選挙によって信任を受けてるから処罰には正当性がある。
こうして教育の世界が一本の法律という道に支配されるようになってしまったのだ。
教育は自由の中で成り立つ。教師の自由、生徒の自由、関係の自由、その中で信頼と共存という関係が育って学びが成立する。
教育の自由を訴える人が声を上げることが求められている。

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

学びゆく関係

朝の務めを終えて、こうしてパソコンに向かえる恵みに感謝。昨日はかつての同僚から入院中との知らせをいただき、今朝は「教え子」からセカンドオピニオンの結果を聞いたのだが、それにつけてもこうして朝を迎えられることの幸せを実感している。
 
今朝お知らせしたい喜びは朝日新聞で高橋源一郎氏の記事から得たものである。直接引用したいのだが著作権の問題もあろうから私の言葉で言えば、氏はある施設で重症心身障害を持つ赤ちゃんを抱かせてもらったとき、この世に「天使」がいるとするなら、この子かと思ったというのだ。それはなぜかと言うと「もっとも弱い存在」でありながら、それに触れる者を、つき動かし、変えずにはおられない力を持つからだとのこと。そう言った後で、高橋氏は「それは最良の『教師』の姿ではないかとぼくは思ったのだ」と締めくくっている。
 
なかなか今回の記事は簡単には多くの人には理解しにくいところもあるだろう。
記事の中では「きのくに子どもの村学園」にも触れている。実はここの学びの姿こそが私が現役中理想とした教育関係の姿なのである。長くなるのでこれ以上は説明を省くが、省略的に言えば、教育は個の発見から出発し、「教師」と子供は共に学び、成長する関係の中にあるということである。
 
昨今、教育の成果が問われ、教育までもが実利主義に陥ろうとしている中、今日の記事は湧き水の潤いを感じさせるものであった。

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

学校行事における日の丸君が代

学校行事で日の丸に向って起立し、君が代を斉唱しなかったということで処罰された教員がその不当性を訴えた裁判に判決があった。
最高裁判所はそのことを理由に減給、停職は慎重でなければならないとし、処分の撤回を言い渡した。戒告は不利益処分にはならないから撤回までは必要ないという。
大阪市長となった橋本氏が条例か何かで2回職務命令に従わなかった教員は即免職とする規則を作ろうとしているとき、今回の判決は歓迎すべきものだといえる。
なし崩し的に君が代が国歌とされ、日の丸が国旗となり、それらが学校行事で用いられことが法制化されてしまったのだが、各学校に監督者まで派遣して「違反者」を見つけ出そうとする都教委の姿勢、それを拡大させようとする大阪市政には憤りを通り越して滑稽さまで感じる。
しかし現実はそんな傍観者的な感情にふけっているわけにはいかない。なぜなら現場の良識ある教員は間もなくやってくる卒業式のシーズンを迎えてまた心を悩ませなければならないからである。
尤も、若い教員たちの中にはさして問題を感じることもなく淡々と決められたことに従う者も多いそうだ。うーん。

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

成績の悪い子の人格

夜中まで英語の試験勉強に付き合ったので眠い。11時を過ぎた頃には疲れが出て、ビールをちょっと呑まないと継続しないありさまだった。
中学3年生の孫が今中間試験中なのである。現在完了形や不定詞の用法などが試験範囲だが普段はテニスに夢中で勉強は全くしていないから一夜漬けの勉強は大変である。「30点採れたらいいな」と本人が言うくらいだから実力の程は想像されよう。
同じ事を何度も聞きながら、それでも孫は英語を孫なりに一生懸命に学んでいた。11時半を過ぎるともう試験範囲を全部カバーできないことがわかったらしく、社会科の勉強に移るというので母親にバトンタッチして私は寝床に行くことにした。
何点の答案が返されるか気になるところだが、孫は何点でもそれにとらわれることもなくまたテニス中心の生活を快活に続けることだろう。母親も友達のように付き合いながら大事に彼女を守っていくに違いない。
 
成績が悪い子とは学校での教科を中心に見た子どもの評価であってその子の人格とは区別して考えるべきことである。全人格のそれは一側面に過ぎないのだ。成績が悪くても子供は学校生活を享受していることが多いのである。
最近大阪府の教育委員会の教育観が新聞などで散見される。それは格差を肯定し、学力中心主義の教育観に基づいたもののようである。
ここでは母親が大事にその腕の中に抱える存在としての子供、自分なりに自分を肯定して生きている子供はどこに自らの居場所を造ったらいいのであろうか。
 
不況などで社会が不安定になるとなにやら恐ろしいものが台頭してくるから用心しなければならない。

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

子どものいるところに学校ができる

東北の地は依然多くの困難をかかえている。学校現場も同様だ。
今朝もTVでは体育館を仕切って幾つかの教室にして授業をしている学校の様子が紹介されていた。
そんな中、若い一人の先生が明るい表情を浮かべながら「子どもがいるところには学校ができるのです」と言っているのが印象的だった。
学校とは一人ではなく、複数の人間が集まり、共に学び合い、交わりながら、一人ひとりがその人らしくなっていくことを助ける場である。
だから、先ず、子どもがいることが大事なのだ。子どもがいれば本来人は豊かになろう、人と交わろうと願っている者なのだから自然に学びの場が出来上がるのである。その意味でこの先生の言葉は核心を突いていると、聞いていて嬉しくなった次第である。
あの笑顔で子どもたちと今日も楽しく過ごして欲しいと願う。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

特別支援学校定員がいっぱいという疑問

今朝の読売新聞は特別支援学校が生徒を収容しきれない現状を取り上げていた。
これは今に始まったことではない。もう10年も前から言われていることである。もしかしたらその傾向がより強まったのかも知れない。
文部科学省は新しい教育のあり方として統合教育に重点をおいているはずなのだがこの傾向はそれに逆行するとも言える。
ではなぜこうしたことが起こるのか。その詳細をここで書こうとは思わない。今朝の読売新聞が的確に説明しているから興味のある方は読んだらいい。
ただ一つ指摘しておかねばならないことは厚く関わりを持つ必要がある子どもたちがいわゆる普通校からはじかれているということである。そしてそういう子供たちが増える社会に日本がなっているのだ。
昨日から京都大などで入試にインターネットを使用した不正が行われたらしいことが大きな話題になっている。簡便に処理することが横行する世の中。特別支援学校がいっぱいになるという現象も不正入試と同じ地盤の上にあると言えるだろう。

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

「教え子」という言葉

教員になって二度目の担任をしたクラスの生徒にKさんがいた。今ではお孫さんもいる歳の女性である。東京でヘルパーさんの助けを借りて、元気に生活している。いや、元気に生活している、などという平凡な表現では表せないアクティブな生き方をしているのだ。
電動車椅子で公共交通機関を利用し、何処にでも行くし、その際、着たければ和服姿にもなるのである。
このKさんを「教え子」と呼ぶにはどうも抵抗を感じてしまう。いや、Kさんに限らず、生徒と教師という関係にあった人を「教え子」と呼ぶのはおかしいと私は常に思っている。教師は「教える」ことも活動の一つとして行うのは事実だが、それは生徒と一緒に成長していくときの活動の一つに過ぎない。
人が成長する過程に関わって、自分もよりよい人間になっていく、教育はそういう場なのだ。「教え子」などと単純に言えるような関係は知識を注入すだけの実利的な場のみに当てはまるだろう。

| | コメント (0)