2015年9月 8日 (火)

一枚のはがき

一枚のはがきが届いた。差出人は近くの小学校の校長である。文面の宛先には神保原小学校区内敬老者様とある。きっと役場の住民台帳から情報を得て、該当者に送ったに違いない。

しかしそれは私にはどうでもよいことだった。なぜかといえば私は裏に書かれた温かいメッセージにこころ動かされていたからである。
 
先生が用意したらしい運動会のイラストには色鉛筆で色彩が施されていた。そして、その下の引かれた罫線にそって「台風の目をやったり、南中ソーランを踊ったりつな引きをしたりするのでぜひ見に来てください。」と鉛筆で丁寧に書かれた言葉が並んでいた。

4年2組M田T輝と名前が記されていた。
 
ここ数年、小学校では敬老の日を前にして運動会への案内を続けている。だが、孫達が卒業し、私の体力が落ちてからはせっかくのご案内に応えたことはない。ただ、案内を書いてくれた子どものことを思うと何も応答しないのは心残りではあった。
 
そこで今回は子どもに返事の手紙を書くことにした。返事をいただく喜びを私も子どもの頃経験していたからである。 

それは小学校の高学年か中学の初めの頃だったかもしれない。

「ノンちゃん雲に乗る」に感動した私は作者の石井桃子さんに感想文を送った。すると、しばらく経ったある日、親たちが蚕にやるために桑の葉を土間でもいでいたところに郵便屋さんが小包を運んで来たのである。それは岩波書店からだった。開くと、小さな二冊の本、石井桃子訳「小さな牛追い」と「牛追いの冬」が出てきた。手紙は何も入っていない。

親は何かの間違いだろう。そのうち請求書が来るぞ、とか言って、私の作者が贈ってくれたのだろうという弁を聞こうとしなかった。

私は心配のあまり直ぐに再度石井さんに手紙を書いた。

何日後だったろうか。今度は石井さんご本人から太くやさしい文字のはがきが来た。そこには、心配かけてごめんなさい。あまり忙しいので出版社に頼んで本を送ったのです。おもしろかったよと言ってもらうとうれしいです。こんなことが書かれていたと記憶する。

私はこのはがきを宝物として成人してまでも持っていたのだった。

 

さて、T輝君への返事。私はT輝君にかつて私が経験した学校での運動会の様子を知らせたいと思った。写真を添えたらより楽しいはがきになるだろう、そうも思った。

だが、身辺整理を始めている私のアルバムからは勤めていた特別支援学校の子どもの運動会写真はすっかり消えていた。

そして、探すのはもう諦めて、昔写真に夢中になっていた頃撮り貯めたモデル撮影会での写真や信州の風景写真などをPROFESSONAL ALBUMを次々に引出しては想い出と共に眺め、やがてそれも終わったその時、ふと汚れた「サクラカラーアルバム」がアルバム棚に挟まっているのに気が付いた。

開いて見るとそこにはもう30年程前に担任した子どもたちの写真があった。そして、Hさんが車いすに乗り赤い鉢巻をして走っている運動会の写真があるではないか。Hさんの後ろには男の子も杖を大きく振って追っていた。

Hさんは骨脆弱症の生徒だったが、後に商業高校へ進学し、卒業式では答辞を読み、取った資格を生かして一流企業に就職した娘である。彼女からいただいた初月給で買ったネクタイはまだ私の寝室に掛っている。

こんな素敵な写真に出会った私は喜びの余り、「探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」(マタイによる福音書7:7)を一人口ずさんでいた。

 

早速私はこの古い写真をスキャンして、色補正した上ではがき裏面一杯に印刷した。

表は下半分に最近覚束ない筆でこう記した。 

運動会のご案内のはがきをありがとうございました。

つごうで行くことはできませんが、智輝君は思い切り走ってがんばってください。

昔私が勤めていた学校でもみんな一生けんめいに運動会をしました。車いすの子も杖の子も走りました。

26日が楽しい日になることを祈っています。

 

書き終わってから私は文字全体を空色のマーカーペンで囲み、行間には赤い小さな花びらを挿入した。 

 一枚のはがきはこうして昨日の私を勇気づけ、豊かな世界へと導いてくれたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

若き友へ

会社での出来事を率直に語ってくださり、ありがとうございます。会社という組織は私の想像できない要素をたくさん含んでいることと思いますので、適切な受け答えができるかどうかわかりません。でも、20数年多く生きてきた者の経験から少しお話しさせてください。

私も職場では人間関係にいつも悩まされていました。若い時から自説を語ることが多かったためか所謂上司からも煙ったがられました。近年、保護者の立場が教師と同等であるとの意識が強くなると、その方々からも多くのトラブルがもたらされたものです。職員室に怒鳴り込まれた経験は今でもトラウマとして残っています。

そのような中にあっても職場は私の生き甲斐でした。生徒との学習の場は楽しく、同僚との交わりは私に滋養を与えてくれました。あなたにお答えすることを用意しながら気づいたことは、私に対立する方がいる中で、私を慕い、立ててくださる方々がおられたということです。学校、学部、研究グループ、どの運営においても私は自分のできることは精一杯しましたし、その私をよしとして支えてくださる仲間がいたのです。

会社の上司が人間的に許せない言動をするのは狭い、営業成績中心の会社という職場では辛いことでしょうね。でも、どうでしょう、あなたはあなたの仕事を誠実にこなすことによって、あなたの周囲によい空間ができるのではないでしょうか。ちょっと甘い見方でしょうか?

今日も楽しく働くことができますように!

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

安心を配る手紙

東北に住む友人が昨日のブログを読んでコメントをくださった。こんなことを書いてきた。安心をいっぱい携えてくる手紙だった。 

「迷った羊を捜すから」;今日の一日も終わりに近づいています。
一匹の羊を探し出してくれる神様に感謝します。 午前中はデイサービスに行きお風呂に入り体をきれいにしてもらいました。私の行っている事業所はみんな親切で言葉が丁寧です。 「服を脱がせていただきます」「ありがとうございました」と一つのことをするたびに言います。 運営している人がいいのか、職員指導がゆき届いているのか本当にやさしく親切です。みんな汗を拭き拭き働いています。 私に仕事がある時はお昼を食べてすぐに職場に送ってくれます。 いやな顔をしないで笑顔で送迎してくれます。 今日は髭までそってくれました。忙しいのに駆け足で介助してくれる本当にいいデイサービスです。 一匹の羊を大切にしてくれるイエスキリストのように感謝しています。 体だけでなく心もきれいになって帰ってきました。 道端にはチューリップが咲いていました。 リフォームの完成おめでとうございます。

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

新年の挨拶

今年の年賀状を公開。
ネットの皆様もどうぞよろしくお願いします。
Lastscan

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

奥様を亡くされた友へ

主に御栄えのありますように。
暖冬とは言え朝晩は寒さが厳しく、体の調子も定まらないこのごろですがいかがお過ごしですか。
先日はお葉書をいただきながらなんらお返事を書きもせず本当に申し訳ありませんでした。書かねばならない、と思いつつも書くことができませんでした。いったい私に貴兄の悲しみが分かるのだろうか、お慰めする言葉があるのだろうか、そう自問しながら日々が過ぎでいたのです。
私は妻が肺がんで入院している間ひとりで家にいた経験があります。一か月もしない間でしたが夜などは寂しく、不安でたまりませんでした。その時高校時代の友が夜中でもいつでも電話してきていいよ、と言ってくれたことがどんなにか慰めになったでしょう。
帰ってくることが期待できる妻さえもこのような有様です。貴兄はもう二度とお会いできない遠くに奥様を送ってしまわれ、しかもあまりにも突然に、外からの強い力で奪われてしまったのですから貴兄のお気持ちは私の想像の限界を超えているに違いないのです。
私にできることは神様に貴兄とご家族の皆様を慰め、支えてくださいとお祈りすることだけです。神様のなさることは私たちには理解できないことが多いですが、しかし、神様はご存知でいらっしゃる、すべてのことをご計画の中に覚えておられる、私にそう心から信じる信仰をお与えくださいと祈るだけです。
牧師というお立場にはおられますが、どうぞ率直に感情を周囲の皆様に投げかけ、心安くお過ごしくださいますように。
教会の皆様が貴兄のよい支えとなってくださることを信じつつ。                    

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

かつての同僚への手紙

K先生、短歌同人誌「日本海」を御恵送くださり有難うございました。お忙しい生活の中で文学活動に携わっておられるお姿に接し、さすがK先生と嬉しく思っております。

先生の作品「団地の暮らし・回顧」はご自身の生活に直結しておられ、こうして生活を見つめる中でそれを文学に昇華しておられることの素晴らしさを教えられました。

もう一つの作品「秋雑詠」も社会派の先生らしい歌ですね。

 子どもらの生命守らむ教師らの告訴の勝利誇らしく思う

教育現場がますます国家に管理されようとしている時、きっと先生のようにこの判決を喜んだ方は多かったに違いありません。

 高架下に診療所あり薬局あり庶民の砦よ民医連の旗も

この歌からは高島平団地の一角が目に浮かびます。黒ずんだ高架下に診療所や薬局その他の生活に直結する店が寄り添っていて、そこに民医連の旗が立っている。なんだか一昔前の写真を見ているようですね。

先生以外の方の短歌ではH・K子さんのものが目がとまりました。

 若き日にたどりし譜面とりだしてピアノに向えば和むひととき

この方は早朝に新聞か牛乳の配達をしながらお母さんと娘さんを亡くした日々を過ごしておられるようですが、しかし、それらをうたった歌の中には「ぐんぐんと伸びゆく青田」「渡り来る風」などの爽やかな言葉が使われており、まさに2首目の歌にあるように「1日1日を大切に」に生きておられる息吹が伝わってまいります。これからも和むひとときを持ちつつ歌を読んでほしいと願わずにはおられません。

よい歌集を有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

傍 楽

 「こころの便り 空間のある社会」を送った友から手紙をいただいた。それを一部書き換えて紹介する。わたしが書くことができるのはこうして読んでくださる方がおられるからである。感謝。
    
 昨日学校の裏庭で水仙の花芽が立っているのを発見しました。いよいよ冬を迎えるのですね。
 
先日KO先生が学校に元気な顔を見せてくださいました。そこで、先週お送りいただいた「心の便り」「空間のある社会」をお見せいたしました。
 
ゆとりをつくるということでは子どものころからいろいろな方々に、働いて、ゆとりを作ってもらい、その中で気持ちよく生きてこられたとありがたく思います。MZさんに「ハタラクッテノハ、ハタノヒトヲラクニスルコトナンダッテサ」と以前伺いました。
 私は自由な世の中しか知らずに生きている人間ですが気持ちよいゆとりは誰かが働いてくれているからあるもの。だんだん自分の楽しみのことしか老いも若きも考えなくなったから、ゆとりがなくなり、代わりに、お金を支払ってレジャーなど楽しみを手に入れる自由を得ているような少々妙な気がします。
 どちらがよいかもそれぞれの自由なのかもしれませんが、よい思いをさせてもらえた分私も少々考え直さなくてはと今回考えるよい機会を与えていただきました。
 いつも本当にありがとうございます。楽しんだり、のんびりしたりだけでなく、少し心がけて「ハタラキ」、身の回りにゆとりをこしらえられたらしあわせです。
 寒さが募って行きました。どうぞお体を大切にお過ごしください。

  

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

真夜中さんへ

 真夜中さん、今日はおいでになりませんでしたね。
 私は今朝いつもより早く目が覚めてしまいました。そしてふと真夜中の1時前「こうりゅう広場」にアクセスしてくださるあなたのことを思っていました。
 この時間に開いてくださる方はどんな方だろう。お仕事が夜遅くまであって、夜中に帰ってこられてパソコンに向かうのだろうか、それとももしかしてお病気で眠れないままにパソコンでお過ごしなのだろうか。いやそうではなくて、若い方で夜中とか昼とか関係なくいつも元気に活動しておられる方かもしれないな、とも想像しました。
 心配しないでください。このココログではアクセス分析ができるのですが、どこのどなたかはまったく分かりません。たくさんの数字とアルファベットで構成されるIDが示されるだけなのです。そのIDのあなたが真夜中にアクセスしてくださるので勝手にわたしが真夜中さんと名前を付けさせてもらったのでした。
 夜中にもかかわらず私の愚痴やら思い付きの俳句などを読んでくださっているあなたに感謝しています。そして私自身病気で寝られないつらさを知っていますので老婆心で、もしやと考えたりしたのです。また、体力がなくなった今、夜中まで働いているとすればそれは大変なご苦労だなと感じているのでした。
 先日の朝日新聞の投書欄に定年退職した人がパソコンが唯一の楽しみだと書いていました。この気持ちはよくわかります。ですから真夜中さんだけでなくこの「広場」をお読みのすべての方にこの場でお礼を申します。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

ありがとう

 先日のクラス会の写真ができたので友へ手紙をつけて送ることにした。その手紙の3通をここに残しておきたいと思う。

 先日はありがとうございました。素敵な会になりましたね。人間って、変わらないものだとつくづく思わされました。みんな、学生時代の良さの上に職場体験という衣を重ねているだけという感じでしたものね。これから最期の時に向かって、いくつかの重いものを背負うことになるでしょうが、しっかりとそれを受けとめて、今までの良さを持ち続けたいものです。色々とご配慮ください感謝します。またお会いしましょう。

  Kawano先日はお目にかかれてとてもうれしかったです。よい時を共に過ごさせていただき感謝いたします。皆様、それぞれにいろいろの課題を抱えつつ、よい人生を歩んでおられますね。個性を失わずに生きられるなんて今の社会では贅沢なことかもしれません。貴兄もどうぞゆとりをもって1日1日をお過ごしください。また会いましょうね。

 先日は本当に久しぶりにお会いし、楽しく、うれしく思いました。学生の時の姿はそれぞれみんな持ち合わせているものですね。貴兄に階段を背負っていただいた思い出もよみがえってまいりました。先日の写真と小生の個人通信の最新号をお送りします。またお目にかかれる日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)