2011年9月22日 (木)

レンズの話

今朝は手持ちのレンズの話をしよう。どのレンズもみなホコリをかぶっているし、レンズキャップを長い間外されないままでいる。ただ、その中で時折覗きこむレンズがプラナー85㍉1.4である。口径8㌢ぐらいはあるだろうか、その奥に湛えている緑色は深い淵を覗いているようでさえある。
CONTAX用のレンズには他に、Distagon25㍉、プラナー50㍉1.4、テッサー45㍉がある。85㍉や25㍉は日本製のレンズに比べてかなり高価だったがボーナスが出ると池袋にあったキクヤカメラに買いに行ったものだ。
OLYMPUS用のズイコーレンズには次のものがある。
21㍉、28㍉、50㍉1,4、50㍉マクロ、125㍉、75-150ズーム。
他のレンズメーカー製はタムロン35-70ズーム、90㍉、300㍉、500㍉リフレックスレンズ。
写真雑誌にはタムロンレンズで撮った中間調の女性写真が時々入選していて、それに憧れて比較的求めやすいこれらを買ったりしたのだった。
勤めの帰り路、写真屋さんに寄って上がった作品の出来ばえを見るのを楽しみに多くの写真を撮ったのだが、その数枚はアサヒカメラ、カメラ毎日、フォトコンテストに掲載されたり、区の観光写真コンテストで推薦の栄誉に与ったりもした。
写真屋さんのマスターが主催するモデル撮影会で仲間と郊外にまで出向き、買ったばかりのレンズの効果を期待しながら夢中でシャッターを切ったり、またヌード撮影会では特殊フィルターを付けて白い肌を狙ったこともある。
そのレンズ達は今忘れられたように、冷たく棚の上に並んでいる。

| | コメント (0)

2011年9月21日 (水)

カメラの思い出

ブログで時々素敵な写真を見せてもらうさくらさんがOLYMPUSカメラをいつもの生活感あふれる感覚で作品に仕上げていた。(http://blog.goo.ne.jp/sakura-bb
つい懐かしさのあまりコメントを入れると直ぐに返事をいただき、また使ったことのあるカメラ名が出てきたので、私はカメラの思い出がふつふつと湧きあがるのを抑えきれなくなった。
昨日は通院で疲れきっていたのだが、傷む肩を騙しながら、ホコリをかぶっている手許のカメラを棚の上に並べてしばらく見つめていた。Photo

他にもレンズやカメラ機材は多数あるのだが、今朝はカメラ本体だけ紹介してみたい。機種名だけを書くとこんな具合である。

OLYMPUSPEN-EDD(最初に買ったもの) コニカEF3D(板橋区観光写真コンテストの賞品) コニカBIGMINI(妻のために買った使いやすいカメラ) ミノックスGT-E(ドイツ製のミニカメラ) OLYMPUS-OM1(写真を本格的に始めた頃のもの) OLYMPUS-OM2 コンタックス139QUARTZ(ドイツ製のレンズを付けて多くの作品を産み出した愛用機) ミノルタ ウエルミー(義兄から譲り受けた6版のジャバラカメラ) MIRAX(特殊なフィルムを入れて使う謎多いカメラ)
 
徐々にこれらのカメラの思い出も書きたいが、それは余りにも多くのものを詰めこんでいるのでなかなか無理だろう。
  

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

フクロウさんが世界の国から

トルコ、フィンランド、イタリア・・・あっちこっちから福を担いで、賢さを抱えてフクロウたちがやってきた。
どうぞ「梟展示館」にご来場を!!

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

梟展示館を開く

 午前中は教会の友がおいでになって地区集会。
 
 午後はブログに梟展示館を開設した。
 佳子ちゃんのお蔭で世界各地の梟が我が家に集まっている。国内で買ったもの、いただいたものもだいぶ多くなった。この機会に一堂に集め皆さんに見ていただくのもいいだろうと思った次第である。
 まだ整理がつかず出身地が明示できないものもあるがどうぞ展示館においでいただきたい。

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

英語文献を読む

熱中できることを持つことは生きる上で必要なことだ。先日私の髪の毛を切ってくださった80歳を過ぎる教会の友も未だ元気で過ごせるのはパソコンの新しい機能が新聞などで紹介されるとそれを取り入れたくなるからだろうとおっしゃっていた。兄はインスツールしようとしてもうまくいかないときには諦めることなくパソコンを抱えて私の家にやってくる。
私も最近手持ち無沙汰な時がある。読書、絵画、エッセイ、どれにも興味が湧かない。そんな時、よい趣味を見つけたのが、英語の論文の翻訳である。
その文献とはアメリカ・ナショナルリハビリテーション病院のホームページに掲載されているポスト・ポリオに関するものだ。ポリオに罹った者が後に疲労や筋肉の痛み、冷えなどに悩まされるその症候群をかなり詳細に論じている。私も一人になってからこれらの症状がひどくなっている。
そういう意味でこの論文は興味深いし、英語を訳すなどという高校や大学時代と同じ作業をするのもなんとも楽しい。幸い今はインターネットで医学専門用語も簡単に調べられるから、それなどを駆使して毎日少しずつ翻訳を進めている。

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

忘れられたカメラ

机の上に大口径のレンズがキャップのないままになっていたのであわてて引き寄せたところだ。こんな大事なレンズをいつからここに置いたままにしていたのだろう。
そのレンズとはカールツワイス、プラナーf1.4、85ミリである。現在いくらするかわからないが15年ほど前でも7~8万円したような気がする。覗いて見ると深い緑と赤紫色をたたえたレンズはかびも生えていないようで一安心である。
このレンズを手にしてからは他のレンズへの信頼が崩れて、ガラス製ゆえにずっしりを重いにもかかわらず撮影会などには必ずこれを持っていったものだ。
期待通りの色合いを出してくれるのも魅力なのだが、それとともに背景のボケ味がなんともいいのがこのレンズである。
今、シャッターを切ろうとしたらカメラはまったく作動してくれない。ほったらかしにしたので電池が切れているのだろう。ディスタゴン25ミリ、プラナー50ミリ、ゾナー135ミリなどもあるのだから放っておくのは惜しいのだが今はカメラを手にする環境ではなくなってしまった。

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

HPを更新

「光についての四つの話」その2を「こころの便り」http://homepage3.nifty.com/bridge2/349.htmlに載せました。
妻の今回の病気発症の前に書いたものです。「その3」はいつになるかわかりません。
早く落ち着いてエッセイを書くことができたらいい、そんな思いでいます。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

好奇心

子供のゲーム機にニンテンドーDSというものがある。軽快な音を響かせて、小さな人形が動き回るこのゲームが小さな子たちを夢中にさせている。
先日この機器でインターネット接続ができることを知った。ランの環境があればよいとのことだ。書斎でパソコンをやっている私はこれがあれば居間にくつろぎながらホームページが見られる。これはいいと、期待してソフトを買った。ところがだめだった。うちのルーターは古い型で適応していないのだった。
仕方なし、もう3500円奮発してパソコンから発信して接続するUSB装置を購入した。そして今日、半日かけてようやく接続に成功。
と言っても、はがき台の大きさの画面。文字は小さく、画像はなかなか開かない。好奇心を一週間がかりで満たしたことをまあよしとしよう。
  
ついでに。
最近漢字を忘れて困る。簡単な漢字が思い出せない。そこでDSでできる漢字検定ソフトも購入した。現在2級を突破したところだ。
「脳を鍛えるDSトレーニング」なるものも家にあるのでこれにも挑戦している。70歳に間もなくなる私の脳年齢は56歳とのことだ。あっぱれあっぱれ。

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

冬の踊り

 東の畑の松の木が大きく揺れる。長い手を振り回すように揺れる。仲間同士申し合わせたようにみんなで揺れている。林の中に風の又三郎が転がり込んだようだ。

 どっどど どどうど どどうど どどう
 どっどど どどうど どどうど どどう(*)

と揺れている。

   

 冬がやってきたのだ。風も雲も青色の空も引き連れて冬が里を歩き回り始めたのだ。わたしは彼らの活動を目を丸くしてみる。

   

夜には星がいっぱい見える冬だ。

賢治が歌った空。
  
 あかいめだまのさそり
 ひろげた鷲のつばさ
 あをいめだまの小いぬ
 ひかりのへびのとぐろ
 オリオンは高くうたひ
 つゆとしもとをおとす(**)

  

 冬に抱かれて眠り、歌い、彼らの遊びを見せてもらおう。
  
      (*)宮沢賢治「風の又三郎」から
      (**)宮沢賢治「双子の星『星め
         ぐりの歌』」から

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

カメラをゲット

06102700dscf0006  デジタルカメラをようやく手にして心が躍っている。なにせ半年も選びに選んで決めたカメラである。幾つもの候補が浮かんでは消えた。値段が高すぎたり、色へのユーザーコメントがおもわしくなかったり、メーカーのサンプル写真がよくなかったりいろいろの理由で消えたのだった。
 買ったカメラの良さの一つはファインダーが付いていることだ。デジタルカメラは液晶部分でアングルを決めるものが多い。これでは手を伸ばしてシャッターを押すことになってブレが心配である。フィルムカメラを長年使った者にとってブレは致命傷である。
 もう一つの良さは画角が35ミリカメラに換算して35から140まである点だ。これだけの幅をカバーすれば大体好みの写真が撮れる。画素数が600万あるのも選んだ理由の一つである。背景のボケを気にしたらデジカメは使えないのでそれは不問にする。
 このカメラを選んだのはもう3ヶ月も前なのだが値段が4万円をなかなか切らなかった。今年の5月の発売だからもうそろそろ落ちてくると思ったのだがそれでもインターネット販売でも3万5千円はした。
 ところが先日ふとカメラ屋で見かけたものが3万3千弱だった。26日までの限定販売と表示してある。もう買うしかない。こう決めて、清水の舞台から飛び降りるつもりで今日ゲットしてしまった。
 今まで持っていた固定焦点のものがある。これもよい色を出す。それでも使うのは旅に出たときくらいである。今度のカメラもいったいどれほど使うというのだろう。まあ心の洗濯になったと思ってよしとしよう。
 家の棚には一眼レフが4台、コンパクトカメラが4台、デジカメが2台並ぶことになった。レンズは数えるのが大変なので数は書かない。
 今バッテリーの充電中。終わったらシャッターを切ってみよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧