2007年3月10日 (土)

おんぶすること、されること

私はおんぶされることによって人生を歩むことができたと言っていい。母に、先生に、友に、見知らぬ人に、多くの人におんぶしていただいたのだ。
最近、子供を育て終わり、人生の終わりごろを迎えるときになって、おんぶされることはおんぶしてくださった人にもなにか差し上げてきたのではないかという思いを持つ。孫を膝に抱くと重さをもらうし、温かさも伝わってくる。こんなことに象徴されるなにかを世話をすることによって人は受けるのではないか。
先日中学生にもう少し具体的に以上のことを話した。今日はそれをまとめ、ホームページを更新した。関心のある方はごらんください。左下の「こころの便り」から入れます。

| | コメント (0)