« 机の花 | トップページ | 条件付けられて »

2017年4月24日 (月)

子どものようになる

聖書のマタイによる福音書18章にはこうある。
18:1 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った。
18:2 そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、18:3 言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。
18:4 自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。
18:5 わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」
聖書は前後関係を考えながら読まねばならないから、この箇所にはこの箇所の特有の意味があるだろう。
だからこれから記す解釈は私個人の置かれた場所からのものといっていい。
子どもは欲しいものがあれば親に遠慮なしに要求する。ひと目構わす地べたに座り込んでも欲しいものを賣る店の前を去ろうとはしない。翻って私たちは己の願いをかくまで神さまに祈ることがあろうか。祈りの課題を設けても、祈り終わると、それでよしとはしていないだろうか。
子どもがそうまでして親に訴えるのは親への信頼が強いからだといえる。親は豊かで、願えば叶えられる力の持ち主だと信じているのである。
だから、大人の私たちが熱心に神さまに祈らないのは神さまの心の大きさ、その慈悲、愛の深さを心底信じていないとも考えられる。
聖書を毎朝読み、祈り、礼拝を捧げる信仰生活を送っている私であるが、今朝は「子どものように」というイエスの一言に信じる心のありようを省みる必要を思わされることとなった。

|

« 机の花 | トップページ | 条件付けられて »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/65190818

この記事へのトラックバック一覧です: 子どものようになる:

« 机の花 | トップページ | 条件付けられて »