« 新たな教会のための祈り | トップページ | 机の花 »

2017年3月31日 (金)

牧師送別の祈り

ご在天の父なる神さま。あなたに祈りを捧げる時を与えられましたことに感謝致します。 あなたがあなたのご意思によって○野牧師を十九年の長きにわたってこのH教会であなたの御用に当たらせてくださったことに感謝を捧げます。

 先生は私たちが愛する、大切な人をあなたの許に送らねばならない時でさえ、この礼拝は人を崇める時ではありませんと無骨にも決まって式の冒頭におっしゃいましいた。 ですから、私たちも先生を讃えることはしません。

 先生の口を通していただいたあなたの御言葉に心からの賛美を捧げます。

 あなたは先生の口を用いて救いの歴史を教えて下さいました。

 苦役に弱り果てて、生きる望みを失ったエジプトの民があなたに導かれ、荒野を歩む時に、あるときは水を与え、あるときはマナを降らせて民を導いたことを、私たちは自分の救いと重ねて聞く事の幸いに与りました。 週ごとに与えられるその恵みよって毎日の困難な旅をあなたの所へ向かって歩むことができたのです。

 地区集会では先日ヨシュア記を先生の解き明かしによって最後の章を学び終えました。そこではヨシュアが民を約束のイスラエルの地に導いて後、あなたの許に還ったことを教えられました。

 H教会での限りある奉仕を終えて、新しい生活に入る○野先生をこれからも支え、導いてください。どうぞ、先生のご家庭があなたによって守られますように。 この祈りを歴史の主、救いの主、イエス・キリストのお名前によってお捧げ致します。

|

« 新たな教会のための祈り | トップページ | 机の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/65088774

この記事へのトラックバック一覧です: 牧師送別の祈り:

« 新たな教会のための祈り | トップページ | 机の花 »