« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月23日 (水)

イエスの苦しみ

今、私は「イエスとその弟子」(ピーター・ミルワード著)を読んでいる。定価120円の本だ。いつ買ったのかは分からないが、いい本はいつ読んでもいい。

本書によるとイエスが最後の晩餐を摂って、ゲッセマネの園に向かったのはエルサレムから身の危険を避けていつも留まっていたベタニアに帰る道筋に園が在ったからだという。その道筋がおもしろい。エルサレム市内の晩餐の部屋→神殿の門→ケドロンの小川→オリーブ山→ゲッセマネ、そうなるのだそうだ。だから、ベタニアに到着する前に、ゲッセマネの苦しみを負うことになったというわけである。

そこで何があったか。ユダの裏切りである。しかし、園に入る時には、イエスはその前兆の悲しみの重荷を他の弟子からも負わされていた。それはオリーブ山で必死に祈るイエスの悲しみを理解せず居眠りをする弟子、迫ってくるペテロの否認、弟子たちの逃亡、人々に捨てられること、さらには天の神の黙視であった。

イエスはこういう状況の中で捕らえられたのだ。一人ユダばかりが悪者なのではないのだ。この弟子たちの姿は私たちのそれでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

御言葉をください

主なる神様、あなたの聖名を賛美いたします。

私たちをあなたは今朝もこうしてあなたの家に招いてくださいました。本当にありがとうございます。

 私たちは自己中心に、自分の利益や利害を重んじて生きる者ですが、あなたはその私のところに一方的に近づいて来られ、私たちをあなたの愛によって捉えてくださいました。

 どうぞそのあなたの御腕をしっかりと自覚し、あなたの愛にもう一度気づく者としてください。

 今朝もあなたの御言葉を聞くことのできる幸いを感謝いたします。預言者を通して語られたり、アブラハム、ヨセフ、ヤコブ、モーセを通して示されたあなたの業や言葉、そして、主イエスの民衆や弟子に語った言葉をどうぞ今日また私達に聞かせてください。

 そのために奉仕をなさる牧者を導き、励ましてください。

 さまざまなことがら故にここにおられない兄弟姉妹をお支えください。御こころをならば私たちがいただく言葉をその方の上にも届けてください。

この祈りを私たちの贖い主イエス・キリストのお名前を通して御前に捧げます。  アーメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »