« 本当のバリアフリー | トップページ | 世界に平和を 祈り »

2016年9月21日 (水)

千恵ちゃんからのメール

かつての「教え子」千恵ちゃんからメールが届いた。もう65歳ほどだろう。年上の夫を送って一人で子育てをし、その子どもたちにも皆家を去られ、一人元気に頑張ってきた千恵ちゃん。時々は商店街の親しい店から煎餅を私に郵送して来た彼女である。
近年は家事が思うようにできなくなって障害者支援制度を使ってヘルパーさんと親しく日々を送っていたのだが、介護保険制度に移行してからはなにかと問題に直面している。
メールはいつかは消えてしまうのでここに彼女の力強く生きる姿を残しておくためにメールを貼り付けておくことにする。

このごろ、パソコンに向かうことが少なくなりました。
介護保険になり早くも1か月が過ぎましたが、まだ慣れません。慣れようとも思いません。肌に合わないのでしょうね。
何でもソーシャルワーカーに言わないとヘルパーは動いてくれません。私のような気の短い者には頭にくることばかりです。
朝に入ってくれるヘルパーは全部、違う人なんですよ。私は6時には起きて自分ができることはなるべく自分で。という小さい時からの癖でやりこなすと、あるヘルパーさんは褒めまくりで、ご自分は何もせず、おしゃべりに来たような感じで帰って行かれました。かと思うとコップからこぼれ落ちる雫まで丁寧に拭いて行かれるヘルパーさんもいらしゃいます。
長年ヘルパーさんにきてもらってますが、これほど困惑したことはありませんね。

話は変わりますが、この間ね、肺のCTを撮って結果を聞きに行ったのですが、ガンが増えてました。小さいものがフヨフヨあったのですが、まだ小さいので心配は要らない。とのことです。
大丈夫ですよ、先生より先に逝ってたまりますか??こんな美人の千恵ちゃん。死んでたまりませんよ~。
頑張りますよ、死ぬまで、千恵は千恵らしくね。
死ぬことは全然怖くはないの。今は死にたくないの、神様に「もう少しだけ生かしておいてください。」って、お願いしてます。

もう遅くなりました。千恵ちゃん、おねむです。おやすみなさい。

|

« 本当のバリアフリー | トップページ | 世界に平和を 祈り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/64234750

この記事へのトラックバック一覧です: 千恵ちゃんからのメール:

« 本当のバリアフリー | トップページ | 世界に平和を 祈り »