« 軍事国家への道 | トップページ | ついつい »

2016年3月30日 (水)

復活の喜び

信仰の友、Oさんからメールが届いた。リュウマチで若き日の10年間、天井の節穴を数えて過ごしたという友だ。少し前まで岩手県K市で福祉活動の大きな役割を担っていたOさん。あの3・11大地震のときその事務所で電動車いすに乗ったままで寝起きをせざるを得なかった経験もされている。
今日のメールは復活の喜びをこう伝えてきた。氏のお許しいただいてここに紹介する。

イースターおめでとうございます。 34か月ぶりで礼拝に出席しました。 と言うより今年初めて教会の門を くぐりました。
暖かい朝でした。 タクシー屋さんに電話して10時に 乗り込みました。タクシーの後部から スロープを上り中に入るのですが、 私の車いすは普通の車いすより大きく タクシーは普通乗用車にスロープを つけた車なので天井が低く頭がつかえ ほとんど車いすに寝た状態で走ります。
私は頭をごつごつ天井と後ろのドアに ぶっつけながら車いすからお尻が落ち ないように両肘で車いすにしがみついて 乗っていました。10分位の我慢ですが大変です。
でも今年は復興予算で道路が良くなったのと雪がないのでいくらか助かり ました。
母が生きていたころ、30分以上かけて迎えに来てくれる教会のメンバーの奉仕に、「そんなにしてまで 行かなければならないの?」と母は迷惑をかけていることを心配して言ったものでしたが、私たち重度障がい者は、迷惑をかけたり、少しくらいの痛さや辛さを乗り越えて初めて喜びを 感じるのですね!
3ヵ月ぶりの教会は新鮮で豊かでした。完全に説教が聞き取れなくてもみんなで讃美し礼拝を守れた 喜びは何物にも代えられないものでした。12月末の脳梗塞を再発し入院していた人も 左半身のマヒが残ったと言いながらも元気に 出席していました。
素晴らしいイースター でした。感謝です。

|

« 軍事国家への道 | トップページ | ついつい »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/63415157

この記事へのトラックバック一覧です: 復活の喜び:

« 軍事国家への道 | トップページ | ついつい »