« 光は闇の中で輝いている 礼拝司会者の祈り | トップページ | 散髪 »

2015年11月30日 (月)

一緒に賛美

Tさんは耳が不自由である。言葉は不自由なく話せるから生まれつき聴覚に障害があったわけではないだろう。
朝、教会に来ると決まって「おはよう!元気?」と向こうから声掛けをしてくれるTさんである。

いつもこのTさんの礼拝中の援助をしているのはHさん。椅子を並べて座り、Tさんの前に少し大きいディスプレーを用意し、Hさんは膝の上に置いたパソコンで説教を即座に入力しTさんが読めるようにするのだ。Hさんは説教だけでなく、雨がひどい時には「雨の音が聞こえます」などとも書き込んでいる。

先日Hさんが礼拝を休んだ。Tさんが「隣に来ていい?」と私に聞いてきた。そして、その日は私がHさんの代役をすることとなった。と言ってもパソコンを打つわけではない。讃美歌を歌っている時、聖書朗読の時、歌詞や文字を指でたどり教えてあげることくらいである。
説教中は牧師があらかじめ用意したその日の説教を箇条書きにした内容を指し示し、より具体的になるように紙の隙間に書き込みをしてサポートしたのである。

ふと気づくとTさんは賛美の時に声を出して歌うことをしていない。聞こえないから周囲の音と合わないことを心配して声を出さないのかしらとも思った。その時私は昔聴覚に障害を持つ子どもに発声の仕方を教えていたお母さんの姿を思い出した。お母さんは子どもを抱っこし、自分の喉に子どもの手を当てさせて音の響きを感じさせていたのだった。

私はTさんの手を取ってお母さんと同じようにした。耳で感じられなくとも手に伝わる響きで賛美に共に加われると思ったからだ。

でも今思うに聞こえない世界に生きているTさんはその世界で普通に生きているのかもしれない、聴覚の世界に連れ戻さなくともよかったのではないだろうか、という気もする。

礼拝が始まる前、決まって私の浮腫んだ足を持ち上げて車いすの前に用意した台に載せて、膝掛けを丁寧に掛けて下さるTさん。一緒に神を賛美するTさん。よい友を与えてくださった神に感謝したい。

|

« 光は闇の中で輝いている 礼拝司会者の祈り | トップページ | 散髪 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/62777937

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に賛美:

« 光は闇の中で輝いている 礼拝司会者の祈り | トップページ | 散髪 »