« 老いるということ | トップページ | 秋のよい日に »

2015年10月26日 (月)

隠れたビール

書斎の抽斗の中に一本のビールが隠れている。麦の色をした缶には恵比寿様のデザインが施され、Premium YEBISU ALLMALTBEERと書かれている。

もちろんビールが勝手にここに入り込んだわけでなく、私が隠したものだ。


 
勤めをしていた若い時代には風呂あがりに大きな瓶のビールを一本ぐらいは開けていたものだが、肝臓を患ってからはあまり飲まなくなった。
 
今もほとんど飲むことをしない。だからビールを買うことなどするはずがない。

では、このビールはどこから来たかというと新聞を契約した際の景品なのである。A新聞はY新聞と違ってあまり大げさな景品を出さないのだが、それでも6ヶ月の契約をすると18本程は付いてくるのである。

 
そんな時、私は若い者が好きな第三のビールなるものを頼むのだが、3分の1は私のためにモルツビールをください、とお願いしている。

この隠されたビールもその一本なのである。

 
では、なぜ抽斗の中などに隠して置くか。

いや、隠すなどというと語弊があるから分けて置くと言い換えようか。それはともかくとして、我が家の若い者はそれはそれはアルコールが好きなのである。勤めから帰って、庭の菜園の手入れをしながら缶を干しているし、風呂にも持って入る。

夕食前とその最中にも必ずと言っていい程アルコールを嗜んでいる。最近はビールは高値なのか、あるいは嗜好がそうなのか知らないが、いわゆる第三のビール類を飲むことが多くなった。長男の方は焼酎を長めのグラスに何かは分からんが、他の液体で割って満足そうに嗜んでいる。

 
そうやって自分の持ち分の範囲内で楽しんでいてくれれば文句はない。だが、これは私にもよく分かるのだが、何らかの事情でアルコールが家にない時、人は自分の要求に忠実になって他の人のことを忘れてしまうのだ。つまり、私用にと新聞屋さんが来た時取り分けて置いたモルツビールを一本ずつ侵食し始めるのである。

 
一人家にいる私は昼食は自分で準備をする。冷蔵庫を開け、冷凍モノを取り出して、レンジでチンして昼を済ませる事が多い。その時、ビールが穏やかに収まっていると、いつ飲もうかと思いつつ私はまたドアを閉める。

そんな事情を知らないのか、そのビールが若者たちの都合でいつの間にか消えていくのが我が家の空気なのである。

それでも特段不満があるわけでもないのだが、一人内緒に気分転換をしたい時、期待してドアを開けてビールが姿を消していたとき失望感、孤独感が私を囲むのも事実である。

 
もうご理解いただけたことだろう。

 隠された、いや分けられたビールが抽斗の中にある次第はこんなことであった。

|

« 老いるということ | トップページ | 秋のよい日に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へそくり?のようなものでしょうか??
chacchanさん、考えましたねー^_^

うちもビールはあればあっただけ、どんどんなくなっていきます。
オットchanの仕業です(笑)
飲みたい理由を仕事やごはんのおかずやお天気などなど…
いろいろかこつけて、毎晩のように晩酌してます。
まぁ私も一口二口ほどおこぼれをいただくのですがー

お酒はほんの少し、がちょうどイイですね。

投稿: ひなりんご | 2015年11月 4日 (水) 22時57分

このビール、一昨日の夜、隠れ家から出ました。家人がお隣さんを呼んで夕食会をしたのですが、その席には第三のビールしかなかったものですから、私が連れだしたのです。美味しく飲みました。
すると昨日の夜、冷蔵庫の私の手の届くところにビールが一本補ってありました。お嫁さんもそれなりの気配りをしてくれているんですね。ただ、みんななくなってしまったときまたどうなるでしょう。

投稿: chacchan | 2015年11月 5日 (木) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/62553995

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れたビール:

« 老いるということ | トップページ | 秋のよい日に »