« 主よ、平和を。 礼拝司式者の祈り | トップページ | 老いるということ »

2015年10月 2日 (金)

おじいちゃん医師

「どこか大変なところはない?」
医師からこんなことを聞かれることは珍しい。大方の医師は患者の訴えをパソコンを相手にしながら聞き、検査データを頼りに病状を説明するだけである。このおじいちゃん医師は主訴以外に患者の生活に関心を向けたのだった。

「浮腫がひどくて毎日の動作が大変です」
こう答えると
「点滴をして行きなさい。10分で終わるから」と背中の曲がった年寄りの医師は言った。
「利尿剤を使っているんですが」と私。
「利尿剤では治らないよ」
そう言われるままに私は点滴を受けることにした。長年浮腫では悩まされてきたし、利尿剤でも完治しない。また、浮腫の原因を考えれば、歩行ができないこと、肝臓障害があることその他特定できない原因もあるだろう。そんな諸条件を聞かずして、点滴を勧める医師に多少の不信感を感じないわけではないが、今、他に為す術がないのだから、そして点滴をしたことで悪影響があるわけでもないだろう、そう判断したのだ。
点滴液は濃い黄色をして小さな袋に入って例の移動式の支柱に吊るされて落ち始めた。
「先生、これはなんという点滴液ですか?」
「アリナミン、知ってるだろう。アリナミンがいっぱい入っているから体がシャンとするよ。腎臓がよくなるから浮腫も取れるんだよ」
医師は私の質問とは関係ないことを言いながら他の患者の処置に走った。

この小さな病院に行くきっかけは踵にかすかに傷ができたからだった。もう2か月にもなるのだが悪化すわけでもなく消えるわけでもなかった。玄関を入ると直ぐに待合室といった狭さで、その上車いす用のスロープがあるのだが、その先端が角になっていて電動車いすがつっかえて上手く上れない。看護師さんが2,3人で前輪を持ち上げる始末である。
だが、どこか親しみのある病院である。診療カードを作るでもなく、長い問診をするのでもない。老医師の長年の経験の勘とも言うべき判断で治療しているように見える。人の触れ合いがある感じがするのである。

今日は入浴介助のある日。先日風呂はまだやめておきなさいと言われて抜いてしまったので今日はぜひ入りたい。通院は中止。

|

« 主よ、平和を。 礼拝司式者の祈り | トップページ | 老いるということ »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/62394581

この記事へのトラックバック一覧です: おじいちゃん医師:

« 主よ、平和を。 礼拝司式者の祈り | トップページ | 老いるということ »