« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

ある婦人

教会から帰ってきてパソコンに向かっている。今書き留めておかないとこの感動は消え去ってしまうからである。

受難週の礼拝は主がいかに私たちを愛し、そのために自らのいのちを献げてくださったかを改めて知ることが出来るよい礼拝であった。説教の中で、主は今も十字架上で苦しんでおられる、それは私たちの苦しみを負っておられるとのメッセージがいただけたことも幸いであった。

教会に連なる幸いは礼拝以外でも多いに実感することが出来る。今朝も、行き帰りは牧師の奉仕によるものだったし、礼拝前にはきまって一人の友が私の体をもみほぐしてくださる。また、お会いする方々が安否を問合い、交わりを持つこともなんと嬉しいことだろう。

礼拝が終わってある婦人に脚はどうですか、と声をかけられた。そして、その方は浮腫んだ私の脚に触れ、ひどくなると体液が出てくるでしょう、と私の顔を見上げたのだった。そうなんですよ、利尿剤でなんとかしのいでいるんですが、こんなに太くなった脚は重くて大変なんです、などと実情を話したのだが、こんなことに心を砕いて下さる人が居ることに私は大きな慰めを覚えたのだった。

今日は大掃除の日である。私は一緒におにぎりをいただいて先に失礼してきたが、今頃まだ皆さんは和気あいあいモップをかけたり、窓ふきをしておられるだろう。
いつ神様の下に召されるか分からないこの歳になって、私は多くの温かい見守りを受けながら愛の床に横たわっているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

受難節の祈り

ご在天の父なる神様。私たちは今朝もこうしてあなたの招きを受け、あなたの下に集って参りました。私たちをそれぞれの生活の場から導きだして下さったあなたの聖霊の御力に心より感謝いたします。
 
神様、私たちは今受難節の時を過ごしております。あなたの御子が横木に両手を釘打たれ、高く吊るされて苦しみ、勝利のうちに死なれたことを覚えて過ごしております。
どうぞこの苦しみが誰のためだったかをもう一度考え、私たちがそれに応える毎日を過すことができますように。
 
神様、私たちは過ぐる聖日臨時総会を御前にお献げしました。今年一年聖日毎に御言葉に生かされ、困難の中に希望を与えられて過ごせましたことを感謝いたします。
 
どうぞ信仰薄く、過ちの多い者ですがあなたに召された者同士、愛しあい、補いあってこれからの教会生活を送らせて下さい。
 神様、この喜びの礼拝に集い得ない友がおられます。どうぞその一人ひとりの上にあなたのみ言葉をお与えくださいますように。
 これからみ言葉を取り次がれる先生に力を与えてくださいますように。

 この心からの祈り、感謝、願いを私たちの贖い主イエス・キリストのお名前を通してみ前に献げます。  アーメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

畑が生まれる

我が家の庭に畑が生まれようとしている。芝生を取り除き、地を耕して、今黒土が瑞々しさを見せているのだ。わずか二坪ほどの面積だがここには新しい命が誕生しようとしているようだ。

Mini_150309_0819かつてはここはお姉ちゃんがテニスの練習をしたところだ。もうその娘は大学のテニス部に属して家を離れていった。
その後は先日まで妹がサッカーのシュートや足の運び方を学ぶ舞台でもあった。その娘は先日日本で一二を争う高校サッカーの名門校に入学が決まり4月には仙台へと旅立っていく。

両親は二人の娘の世話を数年間、夜も土日の休みにもしてきたのだが近くこの働きから解放されることになった。

そこで息子が選んだ新しい生活が畑仕事だという訳である。先日来、暇を見つけては鍬を振るっているのだが、垣根から伸びた根に悩まされ、次々と現れる石に時間を取られながら、それでも楽しそうに行なっている。

昨日の朝は黒い土に交じって沢山の霜柱がキラキラと光っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

虫も動き出すころ

正月の間、奥歯がうずいて気になっていた。だが、最近は収まっているのでこのまま放っておこうかとも考えたが、やはり一度診察を受けようと決心し、歯科を訪ねた。
歯科で面倒なのはレントゲン撮影である。車いすのままでは撮れないというので狭くて高い椅子に座り直すのだが、これがなんともやっかいである。二人の技師に助けていただいて何とか終えて歯科医の診察を受けることができた。
結果は歯周病が少しあるが今治療に掛からねばならない程ではないとのこと。歯周病があると疲れたりして体調がわるい時には疼くことがあるのだそうだ。

ほっとして同じ病院の三階に入院中のSさんを見舞う。膝下の骨にヒビが入って入院したのだが、この機会に糖尿病の治療も徹底的にやっておこうとおっしゃってもうしばらく病院暮らしをしているのだ。

五日に我が家で開く句会のプリントをお持ちし、選句して句会までに送ってくださいと言って別れてきた。

帰り道、カインズホームによって昼食に醤油ラーメンを食べ、パジャマを買った。

暮から全く外出をしないで過ごしてきたが、虫も動き出すこの頃、私も自然界に生きる生き物としてようやく動き出したという次第である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »