« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

馬を愛する

今、JRA60周年記念特別展示 「英国ジョッキークラブ秘蔵 競馬絵画展」なるものがJRA競馬博物館で行われているとテレビが伝えていた。紹介された作品はどれも馬の美しさを見事に表現していた。後でゆっくりとその美を堪能しようと録画ボタンを押したのだが、どうゆう訳か残っていないのが残念でならない。

この絵画展に展示されているものは英国産業革命時代とその前のものであるらしい。まだ写真がなかった時代、王や貴族は絵師に愛する馬の姿を描かせて眺めていたのだろう。そこに描かれた馬もまた優秀な馬だったようだ。競馬そのものが貴族階級の社交場だったのかもしれない。

この番組を見ながら私は昨年帰天した友人M氏を思い出していた。彼は競馬が彼の生きる支えでもあるかのごとく晩年を生きた人だ。このブログに私は去年の7月ごろ何度か彼のことを記したが、彼は馬を一頭一頭ちょうどイギリスの貴族が愛するように覚えていた。

先日の日曜日は一年の競馬上でも最も大事な菊花賞が行われた。普段は民放でしか扱われない競馬がNHKで一時間番組として組まれるほどの重賞である。私も何年か競馬を楽しんでいるのでこれに賭けたのだが運良く2番、4番の馬が一二着に来てくれ、おまけに10番が3着になり、4,600円ほどゲットすることが出来たのだった。

私の競馬はこの程度である。馬を番号で呼んで、その名前さえ覚えていないのだ。以前、土曜日の夜翌日の競馬で的中を出すべく、M氏と検討会をしていた時、彼が「番号で呼ぶなんて馬が可哀想だよ。囚人みたいじゃないか。」と言ったのを思い出す。

彼は自分の好きな馬はたとえその力が落ちても、暫くの間は少しの金額を懸けて買い続けてもいたのだった。

全てが一瞬の触れ合いで終わる現在、目の前に生きる一人、一頭に向き合って、それを愛し、関わり続けることの尊さを昨日は改めて思わされたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

よめな

一晩中寝られず今5時。ラジオ深夜便が今日の誕生日の花はよめなだと教えてくれた。検索すると薄紫のきれいな花。花言葉は控えた美しさという意味とのこと。道端で時にみかける花にこんな意味があるとは。辛い朝が少し和んだ気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

プレゼント

目覚めると6時。こんなことはここ何年かなかったことだ。丸い、ふくよかな、甘い、抱きたくなるようななにかをいただいたような錯覚に陥った。そんなにも心地よい体験だったのである。

昨日はその前の晩に用いた便秘薬の効果がもろに出て、重い体をようやくのことで何度か便器に乗せたり、むくみ軽減のため服用している利尿作用で頻繁にトイレに通った。半日もこれを続けると体も限界になる。

その上、福祉器具業者が器具の点検に来たし、セブンミールから取る昼食を待っていると厠にも落ち着いて入っていられなかった。

そんなあれこれで体も疲れきっていたのだろうか。いや、セブンミールで取り寄せた梅酒のおかげかもしれないのだが、なんと11時に寝たのに途中トイレに起きることもなく、先述したとおり6時まで眠れたのだった。

いつまたこんな嬉しい眠りが来るかは予想だにできない。だから、記念にここに記しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

礼拝司会者の祈り 異教の地にあって

ご在天の父なる神様。私たちは今朝もこうして御堂に集うことができました。あなたの恵みに感謝いたします。

私たちがこうして異教の地であなたから一つの集いを形づくることを許され、ここに聖日毎にあなたの光をいただいている恵みをもう一度とらえなおさせて下さい。

私たちは本庄の地においてもほんの一握りの数に過ぎません。大半の人々は今朝も心をこの世のことに用いて、生活を楽しみ、また働いて過ごそうとしております。

このような中で、あなたを中心にしたこの恵みの集団があることの喜びと意味を私たちが感謝を持ってとらえ直すことが出来ますようにと祈ります。どうぞ、ここからあなたの光が世に広がって行くことを得させて下さい。
 この幸せの中で、今日もこの輪の中に加われない教会の友がいることを私たちは知っています。どうぞ、その友のために心から祈ることが出来ますように。
 これから先生の口を通してみ言葉をいただきます。人の語る言葉はあなたの言葉ではありません。どうぞ、私たちがそれをあなたが私たち一人ひとりにくださる言葉として受けいれることのできる信仰と自由をお与えください。
  この祈り、感謝、願いを救いの主イエス・キリストのお名前を通してみ前に献げます。  アーメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

「喜びのいのち」 講演を行う

先月23日、埼玉アーモンドの会の講師に招かれて、和光市にある埼玉和光教会まで出かけてきた。朝7時30分に介護タクシーで家を出て、帰宅は5時30分。しばらくぶりの外出で体が心配だったが翌日、翌々日とも不安はなかった。

だが、今週になってどっと疲れが出、ここ数日はあまり作業に集中できないでいる。

とは言え、会はすこぶる祝福されたものだった。80数名が集ったのだが、私は午前の1時間半ほど「喜びのいのち」という主題の元「弱さを持って神様と旅をする喜び」と題して語った。

その冒頭、次の聖句を読み、祈った。「 あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。(使徒言行録1:8)神様この場に豊かに聖霊を降して下さい。そして、あなたを証しさせてくださいますように。主の聖名によって祈ります。アーメン」

講演の内容は、弱さが必要とされていること、不可欠であること、そこから神の国が始まること、その弱さを持って、神様に生かされて神の国に向けて喜びの旅をしていること、と言える。

時には自ら涙を禁じ得ない場面もあったがこうして証のチャンスをいただいたことに感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »