« 献金の準備 | トップページ | 病む友の存在 »

2014年9月10日 (水)

お母さんが抱ける喜び

どこの国での話かは定かではない。今朝のNHKニュースで見た話である。
貧しい国では上肢を欠損して生まれた子どもが義手を作ることはなかなか出来ないという。義手製作所もないし、費用もかさむからだろう。
その子どもたちに救いの手が差し伸べられた。ボランティアの援助で(?)スリーディプリンターを使って反対の手同様の手が容易に作製できたのだ。子ども達はボールを握ったり、両手で持ち上げたりして手ができたことを喜んでいた。
私が心打たれたのはその中の少年の一人がお母さんを両手で抱けてうれしいと笑顔を見せたことだった。しっかり体を密着させて、まるごとお母さんを抱けるようになった、今までは抱かれるだけだったのに、今度は自分の愛をこちらから伝えられる、私は少年の心をそう解釈して、私まで嬉しくなった。

|

« 献金の準備 | トップページ | 病む友の存在 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/60292415

この記事へのトラックバック一覧です: お母さんが抱ける喜び:

« 献金の準備 | トップページ | 病む友の存在 »