« 朝の挨拶 | トップページ | 勇気を出しなさい »

2014年7月 5日 (土)

いつも喜んでいなさい

今朝も4時過ぎに目覚めた。実は昨日から体調がよくないのだ。昨日一日胸の苦しさに耐えながら生きていた。昼飯はセブンミールで取り寄せた炒飯があったのだが、美味しいと感じつつ半分を残していた。
今朝も胸の苦しさは続いていた。寝る前にシップを胸いっぱいに貼っておいたのにあまり効果はなかったようだ。

今日は妻の召天6年目の記念日である。苦しみに体を引き裂かれて最期を過ごした彼女の心電図の波がやがて平坦になっていくのを見つめたあの瞬間が思い出されてきた。
私はこころ穏やかでいられなくなった。聖書に平安を求める他なかった。神に生かされている私はこんなときこそ、喜びを得たいと願った。幸いベッド脇に端末機があったので、「いつも喜んでいなさい 聖書」と入力し検索した。するとテサロニケ人への手紙5章16節が示されたのだった。「いつも喜んでいなさい。5:17 絶えず祈りなさい。5:18 どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」
ああ、神は祈りと感謝を同時に求めておられたのだった。祈ることを許され、神様と共におられることを感謝する、その人こそ喜んでいられる。苦しみの極地に落ちたイエスのとりなしによって喜ぶことができる。
心電図ではなく心の平坦を取り戻した私は胸の筋肉を解すべく指で我が体をさすりながらその後の夜明けまでの時間を過ごしていた。

|

« 朝の挨拶 | トップページ | 勇気を出しなさい »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/59931123

この記事へのトラックバック一覧です: いつも喜んでいなさい:

« 朝の挨拶 | トップページ | 勇気を出しなさい »