« 勇気を出しなさい | トップページ | 「教え子」の教え »

2014年7月11日 (金)

姉の入院

6つ年上の姉が最近滅多に来なくなった。83歳なのに車を運転して、途中寿司やら団子をコンビニで買って、どうだい、元気かい?と顔を出していた姉である。
妻が入院中は私の運転する車で一緒に病院に行き、車いすの上げ下ろしや、妻が必要なものを売店で買い求めたりもしてくれた。そんな時、お金を渡そうとすると、いいよ~たいした金じゃないんだから、和子さんが元気になったらいっぱい返してもらうよ、と断る姉だった。
そのお金を返すこともなく妻は逝ってしまったが、姉は一人になった弟を心配し、先日までは時々、神流川を渡ってやって来たのである。

一昨日、私は御機嫌伺いのつもりで電話した。すると義兄が電話に出て、ばあさんは入院しているだよ、と言った。大きな驚きであった。姉は入院などしたことのない人だ。その姉が入院とは。
聞くと、足腰が立たなくなって、介護保険を受けている義兄のベッドで生活しようとしたのだが、検査の結果即入院となったとのこと。実は義兄は姉の世話を受けて風呂に入り、上がった後は全身に薬を塗布しなければならない身である。義兄も幾度も入院の経験はあるが、その時の身の回りの世話は姉でなくては承知しない人なのだ。
義兄は、大分良くなったみたいだよ、そのうち帰ってくるよ、と言って電話を切った。

私はすぐにも会いたいのだが動けない。福祉タクシーを利用して行こうかとも思う。
思案の末先ず、様子見に息子の連れ合いに行ってもらうことにした。それは昨夜のことだ。
彼女が帰って言うには、まだ原因が確定しないとのこと。昔から抱えていた膝の痛みがあって歩けないのか、もうだいぶ良くなったという下肢の浮腫のせいなのか、入院20日になるというのに確定しない。

6人兄妹の3人はもう他界してしまった。体の奥底から肉のつながりを持って心通わす人は姉と弟である。元気かい、と訪ねることはできなくとも、電話で話せる人のままで居て欲しいと願わずにはおられない。

|

« 勇気を出しなさい | トップページ | 「教え子」の教え »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。時々ここのブログを拝見させていただいております、大阪@いっちゃんです。
これからもこのブログが続けていってくださいね。楽しみに読んでいます。
お姉さんの具合も心配ですね。ではまた。

投稿: 大阪@いっちゃん | 2014年7月12日 (土) 23時24分

大阪@いっちゃんさん
コメント、ありがとうございます。いつから見ていただいているのかわかりませんが、最近は独り言ばかりで恐縮です。
これからも時々お声を聞かせてください。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: chacchan | 2014年7月13日 (日) 17時28分

こちらのブログを一か月ほど前から読ませていただいています。
出会えてよかったなと思うブログです。
今にも萎れてしまいそうな信仰が、あなた様の文章を読ませていただいている内に、恵みと祝福をいただくことができました。
主の導きを感謝します。
ありがとうございます。
お身体のこと、お祈りします。

投稿: 雪うさぎ | 2014年7月14日 (月) 17時17分

雪うさぎさん
主に生かされている姉妹とお会いできてこんなに嬉しいことはありません。
すでに勝利されている主を見上げて共に生きましょう。
弱さを告白しながらブログを書いていきます。これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: chacchan | 2014年7月15日 (火) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/59963874

この記事へのトラックバック一覧です: 姉の入院:

« 勇気を出しなさい | トップページ | 「教え子」の教え »