« 誤記多し | トップページ | 主に招かれて 礼拝司会者の祈り »

2014年6月19日 (木)

気力も主から

体が重い。なんとも重い。ベッドの上で全く動きがとれない。
そんな思いで昨日は朝を迎えた。寝間着を脱ごうにも浮腫んだ足を動かせないし、上半身の向きを変えたくも腕が痛んでしかたないのだ。
一晩中同じところに足も腰もあるからその下は汗ばんで濡れているがタオルを差し込んで拭うこともダメだ。
五時前には目覚めているがテレビを点けてただぼんやりと眺めているだけである。

しかし、このままでいるわけにもいかない。起きないことには朝飯も摂れないし、予約してある病院にも行けない。
意を決して身繕いをすることにした。少しずつ、少しずつやる。そのとき、ふと、私は今、気力だけで生きていると思った。体の力ではなく、気力によって動いている、そう思ったのだ。
思えば、高等学校に入れなかった日々、私は一年間、一人で勉強を続けた。大学に入学拒否された日も、納屋に篭って一年を送った。大学の貧乏生活にも耐えた。こうして日々耐える気力は育てられてきた。
ここで信仰の話に飛んだら行き過ぎだろうか。今の私にはそうではない気がする。イスラエルの民が砂漠で困難に遭いつつカナンに導かれたように私の経歴の中に主が居られて、気力を育んでくださったのだ。
その気力でもう少しの時を生きようと思う。

|

« 誤記多し | トップページ | 主に招かれて 礼拝司会者の祈り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これを読むと、私のからだのほんの一部分の痛みや、煩わしいこの世の勤めも、どうでもいいちっぽけな事に思えてきます。申し訳ないような恥ずかしいような気持ちにもなります。
ああ、どうぞ、神さま、お力をお与えください。少しでもからだが動かしやすくなりますように。忍耐強さと気力を感謝します。
まだまだですよ。どうぞどうぞ、ご無理をなさいませんように。

投稿: midori | 2014年6月24日 (火) 16時27分

midoriさん、コメントありがとうございます。大丈夫です。喜びも同時にいただきながらやっていますから。
一昨日も3時に目覚めましたが、4時からラジオ深夜便で三浦綾子さんの信仰について深く学ぶ時を与えられました。
主に覚えられていることを感謝して過ごしましょう。

投稿: chacchan | 2014年6月25日 (水) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/59841054

この記事へのトラックバック一覧です: 気力も主から:

« 誤記多し | トップページ | 主に招かれて 礼拝司会者の祈り »