« 信仰の友 | トップページ | 自分の力ではなく »

2014年5月30日 (金)

信仰の友

在京時に所属していた教会から17年経った今でも週報が送られてくる。お陰で教会の様子がよく分かるし、生き生きと活動している姿に力を与えられる。

その週報に少し前召された姉妹を偲ぶ原稿募集の記事が載っていた。教会報を姉妹中心に組むというのだ。
この姉妹Mさんは私が学生時代にもう教会に居られた方で、「学生服を着ていらっしゃった」といつも私を表現していた親しい方であった。

私は他教会の会員になってしまった今、許されるかどうか遠慮しながら以下の原稿を送った。

Mさんのこと
音羽の大通りから路地に入ったところにあるご自宅にHさんやTさんと何度かおじゃましたことがありました。教会のご婦人方には個性的な方が多くいましたがMさんもそのお一人でした。洒落たお部屋で、Mさんは笑顔いっぱいに、どこか遠慮しながら、それでもチクリチクリと牧会のあり方について自説を説いていたのではなかったかと今懐かしく思い返しています。
そうなのです。Mさんは牧師に直接言えないことを私には時々お話くださいました。私もそれが嬉しくて、書き物をお見せしていたのではないかと思っています。
教会を辞して田舎に帰っても「こころの便り」はfaxなどを利用して送っていたのですが、それへの返信(
20053月付け)が手元にありますのでMさんを偲ぶ縁になればとその一部をここに紹介しましょう。(原文ママ)
「先日はこころの便り、ありがとうございました。今は陽気が不順、仲々春がやってこないですね。でも、もうイースターですからうれしいですね。(中略)一人で考えていると命とか死とかわかりませんね。でも神様がすべてなさって下さることですか安心しています。(中略)今、窓から空を見ましたら明るいのに円いお月様がうっすらとしかも大きく見えているのに気がつきました。まだまだ夕陽が明るいというのにきょうは何となくさびしいのですが自然を見るといやされます。(以後略)」
初めに書かねばならなかったかもしれません。この文面から三原さんは神様への信仰に生かされた人でもあったことがわかります。
また、その前年の11月の手紙には「いろいろの事が多かった年でした。どうか平和な世界になるように祈っております。」とありました。
教会の兄弟姉妹を愛し、神様に従い、ご家族の愛情に生かされたMさん、この姉妹をお与えくださった神様に感謝。

 

|

« 信仰の友 | トップページ | 自分の力ではなく »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信仰の友 | トップページ | 自分の力ではなく »