« 書く喜び | トップページ | 運転免許証更新せず »

2014年3月19日 (水)

我は今

一日の生活を終え、引き出しの中を覗いていた。古い手紙や生活の記録などが押し込まれている引き出しである。
昨日に限ったことではない。私は時々こうして過去やそこにいる人と懐かしい空間を作って遊ぶのである。
大分整理してしまったので手紙類も少なくなった。自ずと触れ合う人の数も減っている。

そうしている内に、ふと病院の予約表が目に留まったのだった。注視するとなんと昨日が泌尿器科の診察日ではないか。
そう気づいてみるとドアのカレンダーにもしっかり18日のところに「泌尿器」と朱書してある。

こんなことは初めてのことだ。忘れやすくなっているとは言え、ここまで注意散漫になったのであろうか。「呆け」が私を包んでいる。そんな不安感に襲われた。

引き出しの中で遊ぶ、もうそんなことを言っている場合ではなくなった。

少し大げさに書き過ぎたかもしれない。だが、こころ穏やかでないことは事実である。

|

« 書く喜び | トップページ | 運転免許証更新せず »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書く喜び | トップページ | 運転免許証更新せず »