« 闘っても父の元へ | トップページ | 踏切の恐怖 »

2014年2月 5日 (水)

よくありたい

ある機関紙の編集をしている。ここに先日行われた体験談交換会の記事を載せようと企画し、録音したものを文字化して発表者ご本人にお見せした。修正箇所があったら直してくださいとその際申し上げて。
そうは言ったのだが正直言うと、既に機関紙には割付を終わっていたのだ。多少の変更があったとしてもこれでOKが出ると予測していたのだった。
ところがそうは行かなかった。返されてきた原稿は全面書き換え。この方は私よりも3歳も年長の婦人。ここまでよく書き換えたものだと感心する。
さて、ワード機能は一応心得ているつもりだが、打ちなおしていると頁全体が動き出し、写真がとんでもないところへ移動したりする。それでも昨日なんとか終えることが出来た。
他の発題者からの原稿はまだ未到着だが、きっとまた同じことが起こるだろう。
思うに、人は自分の姿を見ると、いやもっと自分は良い姿であるはずだし、そうありたいと願うものらしい。これが衰えたら生きる力も失せるだろう。
発行日が迫っているのが気になるが、頑張って作り直してみることにする。

|

« 闘っても父の元へ | トップページ | 踏切の恐怖 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘っても父の元へ | トップページ | 踏切の恐怖 »