« 二枚の年賀状 | トップページ | ありがとう が消えた »

2014年1月28日 (火)

靖国参拝

NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」は昭和10年台の話になってきた。今朝は主人公の女性の幼なじみで、いつも彼女を励ましてきた男に召集令状が来たところだった。
彼は「俺みたいに女房も子どももいない者がちょうどいい」みたいなことを言っていた。その傍らでは両親が泣いている。この純朴な男が無事戦地から帰還するのかどうか知らないが、出征は国民にとっては辛い、避けたいことだったのだ。
今またきな臭い雰囲気が社会に漂い始めている。万一、死者がでる事態にでもなったら為政者には大変な打撃である。
靖国参拝はその悲しみを美化する事前準備の行為のように思えてならない。

|

« 二枚の年賀状 | トップページ | ありがとう が消えた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二枚の年賀状 | トップページ | ありがとう が消えた »