« 体の触れ合い | トップページ | よくありたい »

2014年1月31日 (金)

闘っても父の元へ

今朝は4時からベッドで格闘の時を過ごした。腰が痛み、その解消に出来る限りの手を尽くしたのだった。寝返りができれば一番いいのだがそれは無理。なんとか少しでも体の向きを換えようと浮腫んで重い右足を手で持ち上げようとしたが腕の痛みで思うようにいかない。それでも少しばかり体を右にひねってみたがたちまち元に戻ってしまう。ベッドの脇に出しっぱなしになっている毛布を持ち上げ、背中押さえにした。なんとかそれで暫時過ごす。
こんな時、思い浮かぶのは認知症の奥さんを持つ先輩のSさん。彼は夜中でも一人トイレに出かけてしまう奥さんのことを忘れるわけにはいかない。4時といわず2時でも3時でも起きるであろう。また、リュウマチの友は寝返りなどどうしているのだろうと思う。膝を抱えて眠るなど決してできないに違いない。
私だけが闘っているわけではないのだ。聖書の人物ヤコブはかつて逃げ出した故郷に帰る途上で何者かと格闘する。股関節を脱臼してしまう程厳しい闘いだった。しかし、それだからといって諦めて引き返すことはしなかった。父のいる故郷へ帰りたいからだ。
彼はそこで闘う相手からイスラエルと呼ばれる。神の御心を実現する民となったのだ。
私も闘いを止めて、もう人生を終えるというわけにはいかない。この前におられる父の元へ帰るまで闘い続けて日を送る。

|

« 体の触れ合い | トップページ | よくありたい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体の触れ合い | トップページ | よくありたい »