« 神の愛が全てになる時 | トップページ | 神の秩序への介入 »

2013年12月31日 (火)

介護と自分

今日は火曜日。入浴介護の日である。週に二度の介護入浴だがヘルパーさんとの連携もうまくなって、一時間の契約時間ではあるがいつも4、50分で終わるようになった。
お陰で体への負担はだいぶ軽減したのだが、一人で入浴していた時とは違う点もある。その一つは浴槽に浸かる回数が減ったことである。従来ならば浴槽で温まってから体を洗い、もう一度ゆっくり浸かるのが私のスタイルであった。これが今は先ず洗髪、体洗いをして後の浸かりとなった。今のような冬場、寒さを我慢しての援助を受けることになったのだがこれもやむをえまい。
もう一点はバスタブに体を沈める時間の短縮である。ヘルパーさんは「湯冷めしないようにゆっくり入ってくださいね」と言うのだが、そして私も慣れては来たのだが、やはり待っている人を気にしない訳にはいかない。
入浴の日は下着などにも若干の配慮が要ることも変化したことの一つと言えようか。

以上は一週間の内、2時間程度の介護を受ける身の言である。だが、ふと考える。四六時中介護を受けて生活している方はどんな思いで毎日を過ごしているのだろうかと。私が学校で関わった多くの子どもたちも常に親の世話になっていた。食事、外出、用便、就寝、これらに他人の手が常に入っていたのだ。入浴時間長短の比ではない気遣いがあったであろう。
そんな方々にとって援助者と自分の生活のバウンダリー、境目はしっかりつくのだろうか。自己のイメージはどうなるのだろう。
いや、ここまで抽象化しなくても良い。他人の声や動作とどう調和して毎日を生きておられるか聞きたいものである。

|

« 神の愛が全てになる時 | トップページ | 神の秩序への介入 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chacchanさん。

2013年も大変お世話になりました。
お互い生活に変化があり、慣れるまでにご苦労がありましたが
2014年も健康に気をつけてがんばっていきましょうね!
神様がくださった試練を、自分なりに解釈しながら
多くの出会いに感謝しながら
新年を迎えたいと思います。

来年もよろしくお願いします!

投稿: ひなりんご | 2013年12月31日 (火) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の愛が全てになる時 | トップページ | 神の秩序への介入 »