« 朝の体操 | トップページ | 秘密保護法案を憂うる »

2013年11月29日 (金)

よき隣人

Photo



よい隣人を失った。
朝、いつものように冬の陽を受けながら新聞を読んでいた。そして、ふと地方版の最下段を見ると、私の字の名前が目に入った。なんとそれは交通事故の記事で、Kさんの死を知らせるものだった。
Kさんは82歳。国道の向こう側に家を持ち、時には台車に畑にやる水をタンクに詰めて押しながら我が家の東にひろがる畑にやって来ていた。元国鉄職員だったというが、私がこの地にやって来た頃はもう畑仕事を楽しんでやる人になっていた。
私は部屋の作業に飽きるとぶらっと家の東の道を車いすで散歩するのだが、そんな時一人で畑に腰をかがめて、草取りをしたり石拾いをしているKさんに出会った。道の近くにいるときには時々声がけもしたが、Kさんは笑顔で控えめに応対してくださったのだった。
Photo_2そればかりでなく、収穫期には大根やら蕪などを、あんまりいいできじゃないけど、と言いながら私の玄関先まで運んでくれたりもした。
事故に遭ったのは11時30分というから、きっと昨日も畑に来ていたのだろう。そして、昼食をとるためにあのゆっくりした足取りで道の向こうの家に帰っていく途中だったに違いない。
畑の一角には梅の木があって春先にはその花が光り輝いたり、トランペットフラワーが咲いたりもした畑。松の老木が数本あって、マツボックリが仔リスのように付いている木樹。
Kさんに置いてきぼりにされたこの者達はどうなっていくのだろう。
いい隣人が逝ってしまった。

|

« 朝の体操 | トップページ | 秘密保護法案を憂うる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/58663996

この記事へのトラックバック一覧です: よき隣人:

« 朝の体操 | トップページ | 秘密保護法案を憂うる »