« 書斎の冬支度 | トップページ | 主が共におられるなら »

2013年11月12日 (火)

「障がい者週間」の祈り

この一週間はNCC「障害者」と教会問題委員会が全国の教会に呼びかけている「障害者」週間である。
先日の礼拝で司会者の祈りに上記委員会が作成した「障害者週間の祈り」を取り入れてこう祈った。
 神さま、私達みながイエス・キリストの身体である教会の礼拝に今朝もこうして共に招かれていることを感謝致します。
 
あなたから計り知れない命の恵みを与えられながら、私達は差別しあったり、偏見をもって互いを受け入れることができずにいます。権力や武力などの強さに頼ったり、経済優先の考え方によって人間の価値を決める社会、教育、ゆがんだ習慣などを作りだしてしまった罪をお赦しください。
 
どうか私達があなたの御言葉に従い、声なき声にも耳を傾け、互いに聴き合い、差別のない社会を作り出してゆくことができますように知恵と勇気と信仰をお与えてください。ことに「障がい」を負う人々と共にイエス・キリストの和解と平和の福音を伝え、全ての人々が生きる喜びを見出すことのできる社会を作って行くことができますように。
 神様、この恵みの礼拝に集うことが許されない多くの兄弟姉妹がおられます。どうぞ、あなたが直接その場に臨んで一人ひとりを励まし、お支えくださいますように。
 これからあなたのみ言葉を取り次ぐ先生をあなたの力で導き、支えてください。
 この心からの祈り、感謝、願いを贖い主、イエス・キリストのお名前を通してみ前に献げます。  アーメン

 

|

« 書斎の冬支度 | トップページ | 主が共におられるなら »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書斎の冬支度 | トップページ | 主が共におられるなら »