« もうパジャマ | トップページ | 野球選手の髭 »

2013年10月23日 (水)

入院しなくてもいいよ

診察予約時間より20分前、医師が呼んでくれた。いつもは予定時間が来てもそれから30分待つのだが、今日は特別だった。それだけ医師も今後の処置方法を早く決めたかったのだろう。
私はまず「お陰様で大変よくなました。体から水分が抜けてスッキリ見えませんか?」と先手を切った。入院をなるべくなら回避したかったのだ。「そう言われてもわかりませんね」と医師はもっともなことを言う。そして、浮腫んでいた足を触って、「いいですね」と続けた。

血液検査のデータもそんなに蛋白が減っているわけでもないし、肝硬変は確かにあるんですがこれでこんなに浮腫むようなデータでもないんですよ。一定時間横になるとかして利尿剤を使いながら様子を見てみますか。

こんな話を受け、結果入院はしないことにした。教会出席もやめて利尿剤使用に固執したことも話したのだが、全ての行事を止めなくても様子を見ながら服用していくこととなった。

上記の結果、リュックサックを解き始めている。入院に必要なものをあらかじめ用意しておいたのだ。下着類など寝室のどこにあるか若いものは知らないし、あれこれ指示しながら揃える時間も共有できないからである。

暇がいっぱいあるだろうから、本も必要だろう。だが、今私が楽しめる書籍はない。あるのは聖書だけである。ところが聖書は重くかさばる。
幸い、薄手の新約聖書があるので、これと「ヨハネ黙示録講解」だけをリュックサックに押し込んだ。
これも元の在処に戻そう。

夕べの祈り、今朝の祈りが聞かれたことに感謝。

|

« もうパジャマ | トップページ | 野球選手の髭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/58439522

この記事へのトラックバック一覧です: 入院しなくてもいいよ:

« もうパジャマ | トップページ | 野球選手の髭 »