« 主が共に居て | トップページ | 主がなさることですから »

2013年9月 9日 (月)

体ー神の神殿

創世記23章。アブラハムの愛するサラが死んだ。アブラハムは土地を買い、丁重に彼女を葬った。
信仰ではとかく体が軽視されがちである。聖書の人物さえ心で救われているのだから体は人格とは別物であると言って放蕩にふけったことがあった。
パウロはそれを厳しく正していた。

6:19 知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。
6:20 あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。(第一コリント書)

アブラハムは神の恵みを現したサラを尊び見知らぬ土地で墓を買い取り葬ったのだった。

もうじき永眠者記念礼拝の時が来る。神を証した姉妹兄弟を思い、感謝の礼拝を献げよう。

|

« 主が共に居て | トップページ | 主がなさることですから »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主が共に居て | トップページ | 主がなさることですから »