« 触れ合う喜び | トップページ | 過去の存在 »

2013年5月27日 (月)

己を捨てる時

モーセの生き方は信仰者に大きな示唆を与える。モーセはイスラエルの民として生まれるのだがエジプトでイスラエルの民を絶やそうとする中、王女に拾われて育てられたのだった。だが、目の前でイスラエルの民が迫害を受けるのを目の当たりにしたとき、王の部下を殺害したために遠くミディアムまで逃げたのである。ここでモーセの自尊心も消え、彼の人生は挫折したのだった。
ところが、80歳になったある日、彼は神の呼び出しを受けた。エジプトで苦しむ民を解放し、神の国として約束されているカナンの地に導くようにという神の言葉を聞いたのである。なぜ老人となったモーセを神は召したのか。

4月号から「信徒の友」では「モーセと行く荒れ野の旅」を連載している。その6月号に筆者の小宮山剛牧師はこう書いている。

 「それは、モーセが失敗と挫折を通して自分の無力さ、罪深さを知り、ただ主なる神にすがるほかなくなったからだと言えます。主は、モーセがそのように砕かれるときを待っておられました。

 人は、自信満々で主に頼らないときは、主の栄光を証しすることができないのです。

 イエスさまの弟子たちも同様です。イエスさまのためには命も捨てると自信満々に誓った弟子たちでしたが、その場になると逃げてしまいました。しかしその挫折を通して自分たちの罪深さ、弱さを痛いほど知りました。その弟子たちのところに、復活されたイエスさまが来られ、再び弟子としてお遣わしになったのです。」
この言葉をかみしめてこれからの日を生きて行きたい。
 
 

|

« 触れ合う喜び | トップページ | 過去の存在 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 触れ合う喜び | トップページ | 過去の存在 »