« 本音の語り | トップページ | 慰め主、イエス »

2013年5月 3日 (金)

憲法記念日

憲法記念日とあってマスコミでは改憲論議が盛んである。お陰で今朝は新聞に長時間関わることができた。
朝日新聞の多くの記事の中で核心をえぐっていると思わえたのが「96条改正という『革命』」と題する憲法学者・石川健治氏のオピニオンである。すこぶる論理的で、なまった頭に潤滑油を注入するのに最適なものだが、ここにそれを紹介するには内容が多すぎる。
ただ分かりやすい、それでいて核心と言えることを一点だけ紹介すれば、96条の改正は、サッカー選手がプレイしながらルールを変更しようとするのと同じで、内閣がその発議するなどということは戦慄的なことだとの指摘である。
興味のある方は3日の朝日新聞をご覧頂きたい。

|

« 本音の語り | トップページ | 慰め主、イエス »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本音の語り | トップページ | 慰め主、イエス »