« 憲法記念日 | トップページ | 礼拝の司会 »

2013年5月 6日 (月)

慰め主、イエス

昨日の礼拝にて。
賛美の歌に合わせて涙こぼるる。我が心を捉え、抱き、愛に包む主の愛。

賛美歌21、454番。第二節。
 この悩み苦しみ、誰が知るのだろう。
 この痛み嘆きを 誰がなぐさめよう。
 むなしく重荷は 増えていくばかり。

第4節。
 喜びの日を主は 備えてくださる。
 その日を待ち望みまよいを退け、
 み心を信じ み旨に従おう。

やがて感謝の喜びに包まれる。それは第5節。
 苦しみの中にも 神は見はなさず、
 ふところに抱いて 良いもので満たす。
 進みゆく道を 神は祝される。

涙、拭われし我、そこにあり。

 
 
 

|

« 憲法記念日 | トップページ | 礼拝の司会 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憲法記念日 | トップページ | 礼拝の司会 »