« 安倍のミクスとは | トップページ | 夢の内容 »

2013年3月 2日 (土)

会議嫌い

明日は第一聖日、役員会のある日である。礼拝で恵みを頂いてその後会議になるのだが、どうも私は会議というものが好きになれない。
これは今始まったことではない。長い教員生活においても会議のある日は緊張気味だった。
 梅雨の日の会議資料の重さかな
こんな句を作ったことが思い出される。
学校には60人以上の教員がいた。私は度々教務主任やら研究主任をやって、会議には議題の提出者になっていた。
現在の学校現場は管理職の権威が増して、教職員会議さえ意見発表の場ではなくなり、採決さえ許されないところになってしまったらしい。
これに反して私の職場は皆一国一城の主のような教員が多く、皆思い思いのことを発言していたから意見の一致をみるまでには多くの時間を要したものだ。
そこで提案者になるということは気苦労も多かったのだ。
また、どこの会議でも同様であろうが、意見を言う者が必ずしも積極的に労を担うわけではない。だが、それを表立って問題視するわけにはいかないからつい筋論が通ってしまう。これがどうにも腹立たしいのである。
まあ、今は会議も教会でだけ持てばいいから、だいぶ安穏とした環境にいるのだが、せめて教会の会議だけは世俗のそれと違って、各々の信仰を確かめ合う、主を証し合うところでありたいものだ。

|

« 安倍のミクスとは | トップページ | 夢の内容 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安倍のミクスとは | トップページ | 夢の内容 »