« 変わってしまった友 | トップページ | 受難節の祈り »

2013年3月21日 (木)

あなた達もいただいたのだから

家庭集会の日だった。今学んでいる聖書は申命記。今日はその15章。ここには負債のある者にはそれを免除しなさい、奴隷を解放しなさいなどと書かれている。
申命記はモーセの説教という形をとっているが実はイスラエルの民が神に背き、その結果バビロン捕囚という窮地にたたされた時、もう一度主の教えを確認し、神の愛に立ち返って生きようと呼びかけるために書かれたものだという。
その根底にあるメッセージは、私たちは神様から必要な物をみな恵みによっていただいて生かされているのだから隣人にも、自分の持ち物、いただきものを分け与えなさいという思想である。土地も嗣業としていただいたもの、また、あなた達は奴隷であった時、神様によって自由にさせられた、だから負債を免除し、奴隷を解放しなさいというのだ。
自分の持ち物に固執しない、自分の持ち物は本来は神様のものと思うとなぜか安心する。

|

« 変わってしまった友 | トップページ | 受難節の祈り »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わってしまった友 | トップページ | 受難節の祈り »