« やはり寂しい | トップページ | 俳句 年末年始 »

2013年1月 6日 (日)

恵みの新年礼拝

コレヘトの言葉3章にはあらゆることには時があると書かれている。
3:1 何事にも時があり/天の下の出来事にはすべて定められた時がある。3:9 人が労苦してみたところで何になろう。3:20 すべてはひとつのところに行く。すべては塵から成った。すべては塵に返る。
人の営みは虚しい。そう読める。
そのどうにもならない絶望の世界に神の愛が入り込んできた出来事が主イエスの降誕である。私達は今その信仰に生かされているのだ。
日々の困難の中で望みを失いかけている時、このメッセージは涙するものであった。

|

« やはり寂しい | トップページ | 俳句 年末年始 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり寂しい | トップページ | 俳句 年末年始 »