« 恵みの新年礼拝 | トップページ | おせっかいな教え子 »

2013年1月 7日 (月)

俳句 年末年始

初春や焼き印のごと木陰伸ぶ
元日の新聞重い歳となり
新年の光躍るやそこそこに
納豆の戻りし四日の朝げかな
蝋梅や朝ごと輝き増しにけり
蝋梅や綿飴のごと咲いてる
葉落としロウバイ輝き増しにけり
ロウバイに朝の光の輝いて
松明けの納豆戻る朝餉かな
 
列島が阿呆になりたる晦日かな
大みそか高倉建と過ごしけり
月毎の俳句の会や年暮れる

大窓に冬日燦燦レストラン

着ぶくれて風呂がますます遠退けり
厨房に未だ婦人いて師走暮れ

|

« 恵みの新年礼拝 | トップページ | おせっかいな教え子 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/56490395

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句 年末年始:

« 恵みの新年礼拝 | トップページ | おせっかいな教え子 »