« 生きるということ | トップページ | プロセスを大事に »

2012年12月23日 (日)

クリスマス礼拝の祈り

 恵み深き父なる神様。あなたの導きによって私たちは集って参りました。多くの兄弟姉妹と今からあなたを賛美する礼拝に与れることを心から感謝します。
 今、私たちは御子のご降誕を喜ぶ礼拝をあなたに向けて献げようとしています。

 神様、この世は強い者が力を得ようとしています。貧しい人が絶望の淵に立っています。
 年を重ねた人たちは孤独を強めています。働く人は不安に陥いっています。教会は一致を欠こうとしています。
 昨年の東日本大地震にあった人たちは未だ苦しみの中におります。
 神様、あなたはこの混沌した世界にあなたの愛と正義を実現しようと、御子を遣わしてくださいました。
 今日は私たちが待ちかねた喜びの日です。どうぞ、へりくだって御子を自分に、教会に、世界に受け入れることができますようにしてください。
 午後に予定されている愛餐会、祝会が喜びの集いとなりますように導いてください。
 神様、この良き日にここに来られない友がいることを覚えます。どうぞその一人ひとりの身元を訪ね、力を与え、励ましを与えてください。
 喜びのメッセージを取り次ぐ先生をあなたの愛で満たしてくださいますように。
 
この整いません祈り、感謝、願いを贖い主イエス・キリストのお名前を通してみ前に献げます。  アーメン

|

« 生きるということ | トップページ | プロセスを大事に »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きるということ | トップページ | プロセスを大事に »