« いのち | トップページ | 朝 »

2012年11月15日 (木)

献上という精神

栃木県のある町で柿が豊かに実ったという。寒さが増して、色付きが増したのだろうか。
テレビでは皆で楽しそうに作業し、柿を磨いてつやつやにしている風景を映し出していた。
そして、これを明日、皇居に代表者が持っていくとも伝えていた。いや、持っていくと言ったのではなかった。献上すると言ったのだった。
美味しい物が採れた、美しいものが実った、されば天皇様にお捧げしよう。皇室を崇める精神が以前続いているということだろうか、商業ベースに乗った一つの催しだろうか。

|

« いのち | トップページ | 朝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いのち | トップページ | 朝 »