« 信仰の道ー自らへの語りかけとしてー | トップページ | Kさんのこと »

2012年11月29日 (木)

一日の始まり

新しい朝。無事に迎えられたことに感謝。
毎日いろいろのことに出会いながら生きている。その一つ一つが川べりの丸い石のようだ。
昨日は21歳で召された下ちゃんの記念日。お花を贈ったら夜お母さんから電話があった。いつまでも覚えていてくださってありがとうございます、と少し歳をとった声で、しかし優しさのこもった声で話しだした。
いえ、下ちゃんとの交わりで私こそたくさんのものをいただいたのですから、その感謝の印なのですとお応えした。
下ちゃんは筋萎縮性を持った生徒だった。懸命に生きて、よい証をいっぱい残して逝っった青年である。
来年こそ先生に会いに行きますから、と最後に言って電話は終わった。

|

« 信仰の道ー自らへの語りかけとしてー | トップページ | Kさんのこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信仰の道ー自らへの語りかけとしてー | トップページ | Kさんのこと »