« 合唱に打たれる | トップページ | 蔵の話 »

2012年10月30日 (火)

与えられたいのち

出生前診断に関する記事が時々紙面に載る。今朝も朝日新聞には記者の目から書いた記事が載っていた。
キリスト者の立場から何らかの発言をしなければとその使命を感じつつもなかなか出来ずにいたのだが、先日私たちが障害を持ってイエスの愛に生かされている実際と、障害を持つ私たちも神様のご計画によって誕生させられた者だという主旨の小文を書き上げ、朝日新聞の「私の視点」へ投稿した。
だが、採用されないままだ。
そこで今度は同文を全国キリスト教障害者団体協議会会長名で厚生労働省と日本産婦人科学会へ郵送した。
どんな効果があるかは不明だが一応の義務は果たせたと考えている。
朝日新聞も国民の同意形成が必要だなどと言いながら自らは通り一遍の当たり障りない記事を書くばかりでなく、読者の投稿をどんどん載せたらいい。

|

« 合唱に打たれる | トップページ | 蔵の話 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合唱に打たれる | トップページ | 蔵の話 »