« 危険な兆候 | トップページ | 助けられる人に助けられて »

2012年10月20日 (土)

一日の始まり

冷たい空気が身を引き締める朝が来た。
5時過ぎに目覚めた。まだカーテンに朝の兆しは見えない。生島ヒロシの一直線を聞きながら、時を過ごす。
左半身のマヒが強くなって、寝ていても均等に体重がかからないから十分休めないのだが、布団の中の温かさが心地良い。
そのうちにまたうとうとしたらしい。気づくと7時をだいぶ過ぎていた。いつも走ってトイレにやって来るヒカちゃんの音がしない。夕べサッカー用品をまとめていたから、宿泊合宿に行ってしまったのかもしれない。
身支度に30分ほど掛けて居間に行くと、朝陽がいっぱいに満ちていた。
若い者はサッカーを観に出た。今日も一人でパソコンとテレビを相手に過ごすことにしよう。

|

« 危険な兆候 | トップページ | 助けられる人に助けられて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険な兆候 | トップページ | 助けられる人に助けられて »