« ためらわずそこにいる | トップページ | 礼拝司会者の祈り »

2012年9月18日 (火)

教会で起こっていること

HBさん
おはようございます。
TNさんへのお手伝い、脇で見ていてもこころが熱くなりますし、そのご苦労に頭が下がります。
最初の日の記録を見させてもらいました。
貴重なワークだと思います。単なる通訳のお手伝いでなく、ここには人と人の愛の交わりがあると思いました。
相手を気遣う言葉を挟んだり、礼拝中の動きまで伝えたり、そのうえTNさんには聞こえない屋根を叩く強い雨音にも触れて、HBさんのお人柄を如実に表したワークになっていますね。
私は通訳の役だけを思い描いていたのでしたが、それをはるかに超えています。
「信徒の友」の「ここに教会がある」にでも紹介したい働きですね。
でもあまりご無理なさらないでくださいね。奉仕は自分が喜びを持ってすることです。
やって嬉しいと思える範囲でお続けください。いや、こうお願いする立場ではないことはわかっています。あまりにもHBさんの教会での多様な心遣いを見ているものですからつい。
最後にこの記録を読んで、私自身もう一度御言葉に触れられたことを喜んでいます。
ありがとうございました。

|

« ためらわずそこにいる | トップページ | 礼拝司会者の祈り »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/55688194

この記事へのトラックバック一覧です: 教会で起こっていること:

« ためらわずそこにいる | トップページ | 礼拝司会者の祈り »