« 安心の手紙 | トップページ | おむすび »

2012年8月27日 (月)

近作俳句

またけふも暑くなるてふ車椅子
休みつつ身支度するや夏の朝
兄よりも父よりも長く生き夏疲れ 空澄んで吾は地上をはい回る 垣の下猫すり抜けて茗荷あり
ラジオ前正座の記憶終戦忌
赤子泣く診察室や梅雨哀し どの句にも人の顔あり夏句会 夏カーテン開けっ放して娘と朝げ

|

« 安心の手紙 | トップページ | おむすび »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安心の手紙 | トップページ | おむすび »