« よい業 | トップページ | 手の感触 »

2012年8月22日 (水)

日々生きることの尊さ

シリアで女性ジャーナリストが命を落とした。紛争の最前線で取材中に銃弾を受けたという。
この女性は紛争が起きている地に入り込み、そこで生きる子どもや女性の姿を主に取材していたそうだ。戦争や国内紛争がこの人達にどんな影響を与えているか、この人達は日々どう生きているかを世界に知らせたかったのだ。
そうすることによって戦争が早く止み、いや止まなくても広がらないように願っていると彼女の死を伝える報道の中で生前語っている。
銃弾が飛び交い、死傷者が出、家が破壊される、その所で子どもの生活を支え、日々生きる姿を伝える彼女のビデオを見て、生きるという事実がどんなにか尊いものであるかを知らされる思いがする。

|

« よい業 | トップページ | 手の感触 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よい業 | トップページ | 手の感触 »