« 父と娘 | トップページ | 信仰と苦しみ »

2012年7月20日 (金)

句会中止

今月は私の体調を考慮して句会は中止となった。が、せっかくお寄せいただいた句を来月回しにするのは忍びない。そこでいつもどおり印刷し仲間に渡すことにした。皆さんは元気でときどき集まってはおしゃべりをするという。これを材料に句会をやってくれるかもしれない。その時のために私なりの選評を書いた。

自転車を飛ばす女児ら青田道
 青田と女の子の姿が重なって面白い。

風はこぶ風鈴の音待合室
 小さな医院の待合室。開けた窓から爽やかな風が入り、風鈴を鳴らしている。

捩花少女はこのごろ反抗期
 捻花と反抗期が対応していて面白い。

父の忌にはらから老けし梅雨半ば
 父を偲んで集った兄妹も皆老いている。梅雨の日の法事の共感できるワンシーン。

|

« 父と娘 | トップページ | 信仰と苦しみ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と娘 | トップページ | 信仰と苦しみ »