« 旅の決意 | トップページ | 友よ、ありがとう。 »

2012年6月 5日 (火)

痛みを知る主

肩が痛くて仕方がない。重い足をベッド上で引っ張って動かし、体の向きを変えようとすると肩の腱が切れるのではないかと怖くなるほどである。
昨夜は痛み止めを飲んで寝たのだが余り効果は無いようだった。
この痛みに耐える生活はわたし固有のものだろうかとふと考えた時に、時々テレビなどで紹介される日常常に痛みにさらされている人のあることに気付く。わたしは肩に力を入れる時に痛みを知るのだが、慢性的にこの苦痛を抱えている人こそより苦しいに違いないのだ。
目をさらに上に向けるとそこには信仰者に与えられている恵みがある。最も痛みを知る人がいることへの気づきである。イエスが既に痛みを知っておられたのだ。しかもその痛みは他人のために負う痛みであった。
救い主と信じている方がこうして痛みを引き受けておられる、その方と共に日々を過ごすことをわたしは幸いとしなければならないだろう。

|

« 旅の決意 | トップページ | 友よ、ありがとう。 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅の決意 | トップページ | 友よ、ありがとう。 »