« 工事は休み | トップページ | 花見のうれしさ »

2012年4月13日 (金)

戦争への道

北朝鮮が弾道ミサイルを打ち上げるということでマスコミは大騒ぎをしている。事実、今朝打ち上げたとのことだ。今、TVではそれが失敗に終わって自衛隊は迎撃用の装備を撤収している姿を映している。
それにしても日本中がミサイルへの対応で一色になった感じさえする。沖縄では幼稚園では子どもを屋外で遊ばせないとか漁船には緊急連絡網を用意するとか、官だけでなく民も対応に追われているように見える。
先日沖縄に住む一人の方が、戦争が始まるようですね、と言っていたがまさにそんな雰囲気だ。
だが、マスコミが言うほど日本中が緊迫しているのだろうか。そうではないだろう。大方の人は日常と何ら変わりなく今日も過ごしているに違いないのだ。
そこで危惧することはマスコミがこうして醸しだす雰囲気が日本中に蔓延し、日常化することである。自衛隊が表に出て、各地に配備され、防衛省の動きが日常的に人口に膾炙する。アメリカ軍と自衛隊の軍艦や兵隊が当たり前のように目に入ってくる。
こうした異常さが異常と思えなくなってくると、次のステップが用意されても疑念を抱かずにそこを上ってしまう。
この異常さへの慣れ、ことの方が私は北朝鮮のミサイルよりも怖いことだという気がする。

|

« 工事は休み | トップページ | 花見のうれしさ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工事は休み | トップページ | 花見のうれしさ »