« 戦争への道 | トップページ | 人の営み »

2012年4月17日 (火)

花見のうれしさ

二度花見をするチャンスをもらった。一度は礼拝の帰り、牧師が遠回りをして早春の山巡りをしてくれた時。
以前食事に行った早稲田キャンパスの丘は春の息吹を十分に感じさせる風景に変わっていた。木々が芽吹いて、一つ一つの若芽が幼児のような初々しさを見せていたのだ。
二度目、それは昨日だった。俳句仲間と福祉タクシーをチャーターして4人で早稲田キャンパスより少し先の里にある千本桜を見に行ったのである。川沿いに延々と続く桜並木は白雲が漂うばかりの光景であった。月曜の朝とあって人も少なく私たちがこの自然を独占しているようでもあった。
実は牧師と行った日にもそこまで足を伸ばしたのだったが人と車で混雑していてさわりだけを見て引き上げてきたのだった。
昨日は川沿いに車を走らせると、ところどころで梁に出会い、水が飛び散り、昔懐かしい風情を見ることも出来た。
桜見物の後は天ぷら蕎麦のお昼。鶯が鳴き、山には色とりどりのおまんじゅうを置いたような花の木がある中の蕎麦屋でざるそばに天婦羅を添えて満足のいく昼食を摂る幸いに与ったのであった。
変化の乏しい毎日の生活の中にこうした機会をいただけたことはなんと嬉しいことだろう。

|

« 戦争への道 | トップページ | 人の営み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦争への道 | トップページ | 人の営み »