« 千手観音 | トップページ | 洗ったパンツ »

2012年3月18日 (日)

千手観音へのリプライ

先日の「千手観音」への応答をいただいた。送り主は私と同様、いや私よりもずっと多くの援助を受けて生活している友である。千の手どころか万の手が付いているということが面白い。私も愚痴ばかり言ってはいられない。

「私は仕事が終わったあと、介助者が帰りの準備している時間に、個人的なメールやブログを書く。帰る準備ができれば途中でもやめることにしている。
今日は10時にデイサービスに行って風呂に入って身体を洗ってもらい、食事をいただき、ひげまでそってもらいワゴン車で職場まで送ってもらった。
貴兄以上に千手観音、いや万の手の世話になっている。デイサービスでは男性の利用者には男性の介護者がつく。服の着替えから洗髪、洗身までかゆいところに手を届けてくれる。そしてゆっくり大きな船型の湯船に十分つけてくれる。身も心もお腹も満足して帰る。本当に感謝である。3・11から1年最高の癒しの湯であった。職員もみんな優しくことばも丁寧で親切だ。良くこんなにできるかなと思うくらい一生懸命、不自由な高齢の方々を見守りお世話している。
私は、週1回のデイサービスで本当に助けられた。リウマチ友の会のメンバーには34年付き合っている人も居る。みんな痛みを抱え大変なのに良く手伝ってくれる。
生きることは沢山の人と出会い、支えあってその時々を感謝して過ごすことだと貴兄のブログを見て思った。その一番下で支えてくださっているのが主イエスキリストと心から感謝している。
いろんな人に恵まれている。恵みに足らない私を一生懸命助けてくれる。生きることは感謝だ。
多分帰る車の中で見上げる空には満天の星が輝いている。輝く星に未来を感じ感謝する。 」

|

« 千手観音 | トップページ | 洗ったパンツ »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千手観音 | トップページ | 洗ったパンツ »