« 今がその時 | トップページ | 病む友への手紙 »

2012年2月28日 (火)

俳句のできる朝

FMから流れてくるピアノ曲に耳を傾けながら新聞をめくる。食事を終えた後もう1時間もこうして朝を過ごしている。

ふと俳句ができた。ついでに携帯電話のメモ欄に留めた俳句も披露しよう。
 
 FMと新聞の音春の朝
  春の野や光の塗装終わりをり
   冬の陽をいっぱい抱いてる毛布かな
    親介護断る記事や春浅し
     雪の庭虹の結晶ちりばめて
       春浅し孤独の中に身震いす
       春曇りその優しさに安心す
     唇に銀のフルート冷たくて
    紅ユリのやさしく開き妻の顔

|

« 今がその時 | トップページ | 病む友への手紙 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/54096641

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句のできる朝:

« 今がその時 | トップページ | 病む友への手紙 »