« 朝夢 | トップページ | コダクロームを懐かしむ »

2012年1月22日 (日)

礼拝司会の祈り

 私たちを守り、導きたもう主なる神様。
 今朝もこうして教会に一人ひとりをお招き下さりありがとうございます。
 先日私たちは御子の降誕を祝い、そして、今、私たちは御子を下したもうたあなたの恵みの日々のうちに生かされていることを覚え心からの感謝を捧げます。
 私たちは栄光の主、神様の国へ旅を続ける群れです。どうぞ私たちがそのことをしっかりと胸に刻むことができる信仰を与えてください。
 東日本大震災によって起こった多くの困難は依然止むことがありません。幼子からお年寄りまで言い尽くせない不安と苦しみを抱えています。また、私たちの周りにも体の弱さを抱えている人、生活に困っている人などが多くいます。
 しかし、神様、どうぞあなたがすべての人を、あらゆることを覚えておられ、良き道に導いてくださることを祈りのうちに確信し、希望をあなたに見出して日々歩んでいくことが出来ますようにと祈ります。
 この礼拝に集えず、それぞれのところで祈りを合わせている友が多くおられます。その方々の上にも等しく恵みと導きがありますように。
 これから御言葉を取り次ぐ先生を導き、豊かにあなたの恵みを語らせてください。
 これらの言い尽くしません祈りと感謝、救い主イエス・キリストのお名前を通してみ前に献げます。 アーメン

|

« 朝夢 | トップページ | コダクロームを懐かしむ »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝夢 | トップページ | コダクロームを懐かしむ »